2011年03月10日

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎春の夢」第24作メモ



マドンナは一応香川京子だけれども、ハーブ・エデルマンがアメリカ版寅という設定でマドンナ以上の主役である。ただ、この役者さんが、ちょっとイマイチだ。渥美清と比べてしまったら気の毒だけれども。

「寅の夢」はチャイナタウン篇。これにも外人さんが出ていて、吉田義夫はお休み。

「江戸川オープニングサイレントコメディ」は、寅が女性たちがテニスをしているのをみていて女に何か言われ、今度は陸上を見ていたら女たちがジャージを脱いで短パンになるのを見て寅が何か言う。「男はつらいよ」の繰り返しパターンからすると、「やらしい」といわれたのを寅が言い返すというパターンか。

旅先で、寺の前に座り込んでみかんか何かを食べる寅のシーン。相変らず寅のあの格好が自然に似合っている。

ポンシュウといった寅の商売仲間がこのあたりからよく出で来る。登はいつの間にか消えたが。

おばちゃんが゛とらちゃん、シット・ダウン」という、おばちゃんは時々意表をつくポテンヒットを飛ばす。

マドンナに甘えて「どういたまして」と呂律が回らない寅。おかしい。こういうのを見たくて見続けているようなものである。

香川京子に「ご主人によろしく」と探りを入れる寅がやらしい。

マイケルが外人の若い女に「ちょっとたりない」といわれて、源ちゃんに同じことをいう御馴染みの繰り返しパターン。

博が寝っころがってアクビをしながら、「どうせ振られるに決まっているんだけどさ。」ととうのは寅の失恋に慣れ過ぎ。よく見るとさくらさんまであくびしているし。

旅一座が登場して岡本茉利がマダム・バタフライをやる。この旅一座のわびしい田舎芝居の雰囲気というのは本当にいい。

そしてさくらがマイケルの妄想でマダム・バタフライを歌うのだけれども、あれは倍賞千恵子が歌っているのだろうか。

殿山泰司は本当にいい味出している。後姿のハゲが並んで。

寅似「さくらを愛してないんだろ」といわれて博が真面目に「そんなことありませんよ」というあのニュアンスのおかしさは前田吟にしか出せません。

「寅のアリア」は、なんとなくリリーとの関係を思い浮かべてしまう。

マイケルに「アイ・ラブ・ユー」といわれて、さくらが「インポッシブル」と答えるシーン。これを撮りたかったがための作品のようなものである。

寅がさくらにマイケルの求愛のことを話されて、マイケルに思いやりを見せたり、ひろしには言うなとアドバイスしたり、本当に細やかな神経が行き届いている。自分の恋愛以外のことになると(笑)。

マイケルの乗る飛行機から、珍しい江戸川の俯瞰のシーンがある。

柴又は雪の正月。二回目。
posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年03月09日

山田洋次監督「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」第23作メモ



桃井かおりがマドンナ。私は桃井かおりが嫌いじゃないし、NHKの「男たちの旅路」での鶴田浩二とのからみなど、とってもよかった。しかし、なんとなく「男はつらいよ」だと違和感のようなものを抱いてしまう。あの独特の桃井かおり的な喋り方・雰囲気が、初期の頃の古きよき時代の「男はつらいよ」ワールドと微妙な齟齬がある。少なくとも個人的にはそう感じる。
私が全作見たのは、渥美清が亡くなってから、テレビで色々放映されたのを見てすっかりはまったのがキッカケだった。その時も順番にみていったのだが、初期から中期のコメディ色の強い作品が気に入って、後期作品群には、ちょっとついていけないものがあった。但し、NHKのBSで全作放映された際にもう一度全部見たときには、後期のものもなかなか楽しめたのである。今回、ついに三度目なのだけれど、どう感じるかは分からない。
そもそも、寅という存在が、初期の時代には違和感なくとけこむ存在だったが、この辺りになるとむしろ寅が時代に取り残されかかってくる。というわけで、初期の寅を愛してやまない私などは、この辺りからは色々複雑な思いをしてみることになってしまうのだ。
マドンナとの関係でも、若いマドンナの際は、さすがに寅がストレートに恋の相手になる設定は無理なので、若いカップルの恋の指南役という設定が増えざるをえない。勿論、それもそれなりに楽しいのだけれども、やっぱりそこは「シリーズ的につらいよ」ということなのだ。

「寅の夢」は、マッドサイエンティスト寅篇。夢に出るくらい、ひどい便秘だったのかというオチである。二階が爆発するパターンは中村雅俊でもあった。

起きた病院の看護婦役で、旅一座の大空まゆみの岡本茉莉登場。なんだか、ヒッチコック映画のヒッチコックみたいな登場の仕方である。

「江戸川オープニングサイレントコメディ」は、寅が財布を拾おうとするが子どものいたずらで、子どもを追いかける途中にカップルに蹴躓いて、カップルの男同士が大ケンカになるというパターン。最後は、女が男より強いというオチで、冒頭の結婚式で女の方が落ち着いているという話とつながる。ウーマンリブ(死語)の時代ですか。

寅が満男に「英語を勉強しないとオレみたいになるぞ。」というのに、おいちゃんが真面目に「寅でなきゃ言えねぇセリフだ」というのがおかしい。

満男の作文は、寅に読ます前に、博もさくらもちゃんと読んどけよっていう話です(笑)。


寅がたたき売りする、密輸ものだというイタリアもののネクタイ。絶対にそうじゃないというのが吊るされているし。

桃井かおりの前でやる「寅のアリア」。いい話なんだけど、寅がやるとなんとなく妄想的でおかしい。考えてみると「寅の夢」のようなものだ。

松村達雄、桜井センリ、犬塚弘といった準レギュラーがちょい役で顔見せする。

御前様が、源ちゃんを鐘の中に入れて鐘を叩くのは完全に虐待だ(笑)。絶対に良い子はマネしてはいけません。

木暮実千代登場。気品があるけれど、溝口、成瀬、小津といった巨匠の映画に出演した全盛時代を見た身としては複雑である。

小暮の敬語についず、珍妙な敬語を披露するおばちゃん。日本語の敬語は難しいです。

寅が「お盆がひっくりかえっちゃってさ、中の水がかえってこないんだろ」に、真顔で絶妙の間で「覆水盆に帰らずですね」と返す博。「縁は異なもの味なもの」でも、このパターンがあった。

布施明が桃井かおりに「元気?」と問いかけたのに、「はい」と答える寅。要するに寅が一番おかしいのは、こういうところだ。作品が変質していっても、こういうのがあるから見てしまうのだ。

布施明に寅が「失恋については、オレはだれよりもくわしいからよー。」と自分をしっかりみつめた発言をする。

布施明がとらやに入りにくくて、「ここが、とらやでしたか」というのは、寅のパクリである。

結婚式のシーンでは、笠智衆が歌を披露する。考えて観ると豪華だ。小津の「彼岸花」を思い出してしまった。

寅が羽織袴で、うんこをする仕方をする話。面白いけれど、初期の作品なら。もっと全然違和感がなかっただろうなと思う。本当に長い時代にわたっているから48作続けるのは大変だし、よく続いたものである。


posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年03月08日

山田洋次監督「男はつらいよ 噂の寅次郎」第22作メモ



大原麗子登場。やはり、名マドンナの一人である。

「寅の夢」は寅観音地蔵菩薩の巻。お地蔵様の顔も、ちゃんと四角い。吉田義夫は善人役だが、やっぱり強烈な存在感。寅が最後にいらずらっぽく笑うのがいい。

「江戸川オープニングサイレントコメディ」は、画家の津嘉山正種を寅が邪魔してやはり大騒動になって、寅が逃げさるパターン。津嘉山正種も本編に出るまで随分下積みを重ねた(笑)。でも、おいしい役だけど。

墓を間違えても、御前様が平気で大真面目でやりなおすのがおかしい。

旅の雲水の大滝秀治が寅に「女難の相がある。」というのに対する答がいい。「分かっております。物心ついた頃から、そのことで苦しみぬいております。」。なんという的確な自己認識。

大滝秀治は最後にもチラッと再登場する。「女難」が避けられなかった後で(笑)。

志村喬が三回目の登場。今回は最初からニコニコして登場。相変らずとぼけたいい味を出している。寅と芸者遊びをして「まいったな。」「大人物は反省して去ったか。」あの言い方。

寅が芸者に、面白い場所があるといわれて。嬉しそうに「どこどこどこ」。子供か。

大原麗子は本当に独特の良さですね。あの声、喋り方。美しくてかわいくて色っぽいのを全部両立している珍しいタイプ。

博が「たまには兄さんのお株を奪って恋でもしますか、ワッハッハ」が笑える。

寅が社長に対して「この手の人物とは、つきあわない方がいいんじゃないか。人間が堕落する」という顔と言い方のおかしさ。

「寅のアリア」で志村喬から聞いた今昔物語の話を再現するのだが、細かいところを脚色していてじつにうまい。いい出来のアリア。

おばちゃんにおいちゃんが吹っ飛ばされる。確かにすごい体格差だ。


大原麗子に寅が出会った際の凝固っぷり、照れの表情ががすごい。この辺まで来ると、完全に古典的形式感が出てくる。


寅が大原麗子が救急車を呼んだといわれた際の変貌っぷり芸。「いたんですか」といって、一応は体裁をつくろうために無理に怒り顔をするのが異常におかしい顔芸。
そして、「よく気がついてくれましたね。オレ。前からいっぺん乗りたいと思っていたの。救急車。」よくしゃあしゃあと言います。

というわけで、下宿に帰った大原麗子が、外を通る救急車の音を聞いて笑うのももっともである。かわいい。

寅に弁当をのぞきこまれて「みないでっ」と甘えた感じで言うのは実に大原麗子調。こういうのは彼女にしか出来ない。

大原麗子の夫との別居を聞いた際の、思わず出る嬉しそうな顔の直後に無理しかめつらする顔芸。この回は渥美清の顔芸が冴え渡る。

大原麗子に「今日から姓が変わったの。」といわれて寅が「へーどーして」「そりゃよかったね」というのは、いくらなんでも寅のレベルを低く設定しすぎである(笑)。

そして、大原麗子が「寅さん、わたし泣きそう」というのも、実に大原麗子調である。

大原麗子の「寅さん、もてるのね。」も大原麗子調。何を言っても大原麗子調になってしまう。

以前「電線音頭」が出てきたが、この作品では満男が「みじめ」。小松政夫や伊東四郎を「男はつらいよ」に出せばよかったのに。

寅が「この年になると楽しいことなんて何もないし。」というのは、志村喬のパクリ。お得意のパターン。

大原麗子が「わたし、寅さん好きよ」と言われた渥美清の絶妙な後姿。そして。おぱちゃんが「なんであの人、あんなこといっちゃったんだろう。」さくら「よっぽど嬉しかったのね、今日の食事」というりも、冷静に考えると、かなりひどい。

トランクから下着がこぼれて、大原麗子「寅さん、みちゃいやっ」。大原麗子調もいいところだけど、山田監督も随分大原麗子にこういうのを喜んで?言わせてますね(笑)。

寅のライバルの室田日出男にマドンナが奪われるパターン。なおかつ、寅に室田を追えとマドンナに「早く、いってやんなよ。」と言わす残酷パターン。

大原麗子が、室田をすぐに追わずに、寅のことを気にして「明日の朝、まくたね。」というのがなんとなく女らしくていい。もう来なかったのかもしれないが。随分、大原麗子マドンナはいいイメージで描かれている。

最後にSLが走る。初期によく出てきたけど、まだこの時代にも田舎では走っていたんですね。
posted by rukert | Comment(2) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年03月07日

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく」第21作メモ



「寅の夢」は「未知との遭遇」バージョン。最もワルノリした一本である。いきなり寅が宇宙人に。まぁ、ある意味寅は地球人離れした心の美しさですからね。そして、源ちゃんがかぶりものをしないまま猿の惑星だというひどいギャグ。さらには、博と社長の舞台裏ネタまで。UFOの型が寅の帽子。さくらまで「本当に飛んでいけるのかなにぁ」と。心配するの、そこかい。で、起きたらピンクレディのUFOが流れていると。そんな時代なのですね。

「江戸川オープニングサイレントコメディ」は、寅がシャッターを押そうとして人につまずくのをきっかけに大騒動に発展する篇。夢といい、かなりドタバタコメディ色が強い。

何となく気になる、旅一座の大空まゆみ、岡本茉利は武田鉄矢を降る女の役。二人が全く水と油の個性でおかしい。演技が全然噛み合ってないし。

木の実ナナは木の実ナナである。演技するというより、ほぼそのまんま。あのド派手な顔とはちきれるような明るさ。やはり得がたいキャラクターである。踊りを披露するわけだが、さすがにスタイルが抜群ですね。

寅の手紙で「ついしん」を「おいしん」と間違える細かいギャグ。

さくらはまた寅の金の支払いのために旅へ。倍賞千恵子がバスに黙って乗る横顔がいい。私の好きなさくらの旅のシーンである。

パチンコ屋で寅の横に座ってすごい存在感だった杉山とく子が、その演技を認められて?
武田鉄矢の母親役で登場。

寅が改心したという長い長い念入りなフリがあって、
木の実ナナが登場して寅が放心して黙ってついてっぃて一気にダメになる見事な本(笑)。

寅と幼馴染という八千草薫パターンで寅を「おにいちゃん」と呼ぶが、今回は本当に純粋な幼馴染で寅を全く男としては見ていないというパターン。

おいちゃんが社長に「寅はおまえの楽しみのために失恋しているわけじゃねえ」とか大真面目に言うのが妙におかしい。

木の実ナナに結婚話を打ち明けられて、さくらが「やっぱり」というのがおかしい。寅のことを考えてなんとも言えない表情をしてね。

竜雷太わかっ。それにしても木の実ナナは本当に感情が自然に発露する感じでいいですねぇ。

今回の寅は、マドンナと恋人の雨の中のラブシーンを見せ付けられる。結構残酷なパターンだ。

木の実ナナの家に止まらないことだけは博もおいちゃんも全面信頼している。寅の純情がこのあたりから明確になってくる。

寅の「オレだったら踊り子をやめさせるようなことはしねぇ」といいきるのが泣かせますねぇ。

ダンサーが武田鉄矢を振る際に「きれいな思い出にしようね」というのは、岡本茉利と同じセリフ。忘れた頃に。お得意の脚本パターンである。
posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年03月06日

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎頑張れ」第20作メモ



これもとても好きな作品。特に、長崎平戸の部分。

「寅の夢」は、とらやファミリーが成金になる夢。さくらだけは控えめだが、あとは全員堂々たる成金ぶりである。博がぶどうの房をもって現れるが、一体どんな金持ちのイメージなのだろう。そして、食事もミニオケの伴奏つき。「ジークフリート牧歌」ですかと。吉田義夫と岡本茉利の旅一座の父娘も登場して、ラストシーンと形式的につながっている。家族全員が寅を笑って、ある意味、「寅の夢」中でも一番の悪夢かもしれない(笑)。

「江戸川オープニングサイレントコメディ」は、江戸川のほとりでジャム・セッションをしているところに、寅がサックスに柿を放り込んで音が出なくなってしまうパターン。サックスを吹く男の津嘉山正種は、オープニングのレギュラーだ。

もし本当に「押し売りが来た」と通報されて、サイレン鳴らしてとんでくる真面目な警察がいたらイヤだ。

パチンコ屋で寅の隣に座るおばちゃん役の杉山とく子が存在感抜群。寅に「どうだ、ばばぁ」とか言われているし。

満男も結構悪がきになって、源ちゃんに猿回しの猿をさせたりしている。

寅は中村雅俊が大竹しのぶに惚れているのをすぐ察する。そういうところには本当に敏感すぎるくらい敏感だ。

それにしても、当時二十歳の大竹しのぶは本当にうまい。天才である。

個人的には、中村雅俊や大竹しのぶが出ていると同時代を感じる。私は「男はつらいよ」を全部見たのは、渥美清が亡くなってからだった。若い頃はビスコンティに心酔するイヤな映画青年で、「男はつらいよ」なんがバカにしていたのだ。要するに、そういう私の方がバカだったということである。

寅が若い二人の恋愛に興奮しているのを聞いて、博が「そりゃ、まずいな」と真顔で言うのがおかしい。

博が「選手の時はダメでも、コーチになってよくなったということもありますからね。」と言うのがひどすぎる(笑)。

満男と中村雅杜俊が「電線音頭」を歌っている。懐かしい。そういう時代なのね。

「寅のアリア」はデート指南。相変らず笑ってしまうくらい細部まで具体的だ。

あんなに詳しく寅が教えたのに、なんで二人はジャパニーズ・ホラーを見ているんだよ。と。

中村雅俊がガス自殺を図るシーンはヒッチコック映画のようなサスペンス。マッチに火がつかずドキドキして、下の皆に絵が降りてきていつ爆発するかとハラハラする。寅がふうーっと息をぬいたところで爆発する。そのタイミングも精密に計算されている。

御前様が「寅が逃げた」と「猿が逃げた」をかける。寅が「猿が腹をこわしている」と「中村が失恋している」をかけてからかった報いで、こういうところも凝った脚本だ。

寅は、まだマドンナも見ないのに、中村の姉が独り者だと聞いてだけでソワソワしだす。もう見境なしの惚れっぽさじゃないですか。

神父役の桜井センリが素晴らしい。船長に寅が藤村志保に惚れているというのを勘違いして自分が言われていると思って勝手に告白するおかしさ。その妙にオカマっぽい動き。道路を横断する際に、神父と船長が同時に左右を確認する動き。動きだけで笑わせてくれる。

おいちゃんが、寅がマドンナに惚れた状況を冷静に推測するところが妙におかしい。

寅が藤村志保と二人きりのところを妄想する「寅のアリア」は、本当に一人でやっていて、最早ほんまもんの妄想である。

中村が「ほれとるばい」といって、さらに桜井センリが「ほれとるばい」を重ねるお得意の脚本パターン。

さらに、満男が伊勢海老をザリガニだというのはまだしも、博までザリガニだと重ねる同じパターン。博まで、と意表をつく。

平戸の夕焼けが美しい。「男はつらいよ」は夕焼け映画なのだ。

シューベルトの菩提樹を歌う大竹しのぶのおじさんはいい声していますね。なんという役者なのか確認できず。

マドンナが寅の気持に無頓着で気づかないパターンは多いが、それを弟の中村が教えて姉を諌めるという初めてのパターン。普通に考えると気がつかないのが不自然だけど、映画の設定上仕方ないのか。

藤村志保が「寅さんはね、あんたの考えちょるより、もっともっと心のきれいか人よ」というのは、これまた真実を語っているのだ。そして、さくらも「そういう気持を知ったら満足するはずよ。兄ってそういう人間なのよ」というのも、また真実。本当に寅というのは本当に得がたい素晴らしいキャラクターだ。と素直に思う。

桜井センリが中村の恋人が来ると聞いて、子どもたちに丁寧に挨拶しながら、いてもたってもいられなくなって、最後は猛然とダッシュする動きのおかしさ。本当に素晴らしい役者だ。

柴又は珍しく雪の正月だ。

ラストで寅が坂道を降りてきて、お地蔵様にみかんをのせるあたりの絵の構図が、なんとも印象的である。そして、旅一座との再会はラストとしては一番安心感がある。寅の生き方の仲間、同類だから。












posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年03月05日

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎と殿様」第十九作メモ



「寅の夢」は、嵐寛寿郎にちなんで「鞍馬天狗」篇。敵が次々に自滅していくギャグ。戦いの最中にさくらが「どうしたの、おにいちゃん、ももひきなんてはいて」ととぼけて言うギャグつき。ついに夢の中にまでギャグだらけである。

「江戸川オープニングサイレントコメディ」は、グラビア撮影のフィルムを白日の下ひっぱりだして大騒動になる篇。それをよそに寅が逃げ去るというパターンが増えてくる。

キャスト字幕は、嵐寛寿郎を差し置いて三木のり平がトリ。そういう位置づけなのか。

冒頭の犬に「寅」とつける脚本が実によく出来ていて笑う。特におばちゃんがポイントの面白セリフを連発。@おいちゃん「そろそろ帰って来るかな。」おばちゃん「ポチかい。いや違った、寅さんかい。」Aおばちゃん「寅、ごはんだよ、寅っ」寅「犬みたいに呼ぶなよ。」そして博の「寅、なんだこんなところにクソして」。と寅の反応といったら。Bおばちゃん「あらっ、おんなじ名前だねぇ、あたし、ちっとも気がつかなかったよ。」そんなわけないと。「寅ちゃん漢字だしねぇ。」フォローになってないし。Cおばちゃん「そんな犬かわいがらなくたって、うちには立派な寅ちゃんという犬が、いや人間がいるんだからねぇ。」そして寅の反応(笑)。そして何とかおさまったところにKY社長が「とら、とらとら」とやってくる御馴染みのパターン。Dおばちゃん「だからポチに変えたほうがいいっていったんじゃないか。」今更そんなこと言ってもというオチ。

寅も、鯉幟騒動で一度は怒るが、若い時ならすぐ飛び出していたところを、一度はこらえて二階へ。少しは成長したか。でも、犬の寅騒動では我慢できなくなるのだ。

寅の正式な「それをいっちゃあおしまいよ」は初めてか。今までは「おしまいだよ」とか微妙に違っていた。でも、今回はおいちゃんのセリフが「出てゆけ」ではないので、実はパターン確立まで結構月日を必要としているのだ(笑)。

真野響子は、そのまま現在でも通用するタイプの美人で色っぽくていいですね。

寅がかっこよく真野響子に鮎をプレゼントするが、寅が隣の部屋で反応をうかがって盗み聞きしているのがいやらしい(笑)。

旅一座の娘役の岡本茉利が配達人役でチラッと出てくる。

三木のり平は、あの強烈な容貌で、ちょっと「男はつらいよ」的でないコメディセンスで毒気を発している感じ。忠臣蔵パロディでも、意外なオチで。なんとなく三木のアドリブっぽい。

そして
、次は水戸黄門のパロディと。

「寅のアリア」は、寅が駆け落ちして旅先で病死するパターン。おばちゃんが真面目に同情するのが笑える。おばちゃん大活躍。おいちゃんが変わってからコメディ担当の負荷が増えた感じ(笑)。


嵐寛寿郎と真野響子が夕暮れの江戸川のほとりの道を二人で歩いてゆく後姿はワイエスの絵のようだ。

寅が真野響子と結婚した妄想したミニアリアをした後に博が冷静そのものに「自分のことを言っているんですね。」というのが妙におかしい。

殿様の手紙に「即ち私の友人にして最も人格高潔清廉潔白なる人物、車寅次郎くん」というのは、まさしく本当のことを言っているのだ。そして、博が「あれっ、へんだな」と真顔で言うのに腹を抱える。

実は寅がはっきり振られる回は意外に少ないのだが、今回は久々に分かりやすく振られる。長山藍子マドンナの回とパターンが似ている。マドンナが寅の気持に気づいていないで残酷なことをぃってしまうところも同じだ。そして寅が珍しく結婚する気になったところも。
寅の失恋パターンも分類できそうである。リリーや八千草薫のように逆プロポーズされて動揺して絶好球を見送ってしまうパターンなど。




posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年03月04日

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」第十八作メモ



京マチ子登場。「男はつらいよ」のマドンナの場合、どちらかというと寅が愛でる美しい花といつた意味合いも強くて、マドンナに表現者としての「女優」が求められるといわけではない。勿論、リリーのような魅力的な存在感を発揮する場合もあるけれども、マドンナが本当に深刻な人間的な問題に直面するわけではなく、美しい花のイメージにとどまる。また、観る側もそういうマドンナに期待して安心して楽しむことが出来る。
しかし、本作の場合はマドンナが病から死に至る稀なケースである。そういう難しい役柄を京マチ子はみごとに演じている。世間ずれしていない心が娘のままのような天真爛漫な年配の女性というのは、本来京マチ子にはあわないところもあるような気もするが、ここでは見事にそういう女性になりきっている。また、「男はつらいよ」という基本的にはコメディで、その劇の笑いの要素を殺すことなく深刻になりすぎずにコミカルに演じながらも、自身の病気や不幸な境遇を感じさせるさりげないが深い表現も行っている。テーマのせいもあるが、マドンナが女優として見事な表現行為をしている作品なのだ。日本映画を代表する女優の京マチ子が出たかいがあったといえそうだ。今回改めて見直してみて、特にそのことを強く感じた。

「寅の夢」はますますエスカレートして「カサブランカ」風で、寅はなんと「アラビアのトランス」である。寅ともさくらがフランス語を話したりする。
吉田義夫も登場して、相変らず見事な大袈裟な「倒れ芸」を披露している。そして、フランス映画風なのとは関係ない「おにいちゃん」
のキメ台詞がシュール。

「オープニング江戸川サイレントコント」(と呼ぶことにした)は、映画中の映画撮影で、寅が移動カメラの先にたってじゃましてぶちこわしにして大騒ぎになるパターン。こちらも、段々凝ってくる。

小学校の女性担任が家庭訪問に来る日に寅が帰って来て、博が「よわったなぁ」という一言がおかしい。そして。寅が散々邪魔した後に博が「いくら兄さんでも今の態度は許せないよ」と怒るのもおかしい。博がまじめに笑えるセリフを言うパターンが増えてくる。そして、寅に婿のくせい生意気言うなといわれのだが、最初のことろは寅をぶんなぐったりしていたんですけどね。

満男も随分大きくなった。そして、あんまり賢くなさそうなのが、親似でなく寅似なのだ(笑)。

長野県の別所温泉付近の「自然の中の寅」が結構長く映る。何度も言うが寅のあの顔とファッションが、妙に自然とマッチするのだ。

旅芸人一座との再会する。岡本茉利がそんなに器量よしというわけではないが、一生懸命な純粋な心の娘役でなんだかすごく印象に残る。そして、吉田義夫がものすごい白塗りで学生の役を、思いきり田舎芝居の大袈裟さで演じきるのだ。岡本茉利が芝居のセリフでいう「人間はどうして死ぬんでしょうね」を、京マチ子が繰り返す。「男はつらいよ」得意のパターンである。

寅は旅芸人一座を接待して無銭飲食して、さくらに迷惑をかけてしまう。寅は現実的にはどうしようもない男だが、寅がわびしい旅一座を楽しませたいという気持はあくまで純粋である。京マチ子への愛も、結局しに直面するマドンナの心にあかりをともすことになる。寅は不良のマザーテレサなのだ。翌朝の、旅一座の別れの挨拶のシーンも含めて、なんともしみじみするよいシーンで゛ある。

倍賞千恵子のさくらが、寅の無銭飲食の支払いをするために旅をする。そして、さくらにも旅がよく似合う。さくらも、結構な回数、寅のおかげで旅している。

寅の「いい雰囲気の警察でしょ」がおっかしい。

寅が檀ふみと再会して「帰ってらちたの」と甘えて赤ちゃん言葉になるのが凄い。京マチ子と初めて会って恥じらいながら「とらじろうです」と蚊のなくような声でいうのも腹をかかえる。寅のマドンナへの表現も過激に進化している。

「寅のアリア」の、柳生家(すごいわかりやすい名前だ)の食事の様子の描写が実に巧み。目に浮かぶようである。

源ちゃんに逃げられた御前様が自分で鐘をつくことがおかし。

浦辺粂子は、成瀬映画に出ようが、男はつらいよに出ようが、手品をしていようが、常に浦辺粂子なのがすごい。そして、寅にお世辞をつかって寅からおこずかいをせしめたりしているのだ。

さくらさんが、檀ふみ先生と結構タメ口て話しているのが、なんか下町らしい。

皆で祈りをしているところに、社長がやってきてお経をとなえて皆が笑い出すところ。あれは本当におかしい。

皆で、京マチ子がどういう仕事が出来るのかを語り合い、彼女が余命いくばくもないことを知っているさくらと檀ふみが悲しそうな表情をするシーンはなんとも言えませんね。

京マチ子はコミカルにやりながら、ちゃんと同時に悲しい女の人生を表現しているのが見事だ。

普段はマドンナと寅の関係を気に病むさくらさんが、もう人目なんか気にせずに寅に京マチ子に会いに行けというところが泣ける。

京マチコと結果的には最後になるシーン。京マチ子が「顔色も悪くないでしょ」といって寅が「それもそうですね」と答えるが、実際はひどい顔色で、浦辺粂子が「庭が枯葉だらけになって」という一言がよくきいている。緻密な脚本である。

この(実質)、寅とマドンナの別れになるシーンは素晴らしい。二人の偉大な役者がやりあっているという感じがする。

京マチコが芋の煮っころがしを食べたいと聞いて、寅が芋を袋こど買ってきて、さくらが泣きなそうになりながらつくるしところは文句なく名シーンだ。

寅とさくらが柴又の駅で、京マチコの花屋の話をするシーンでは泣いちゃうよ。普通にいい話である。そして、二人の駅での別れでも最も悲しいシーンなのに、寅は笑顔で去っていくという演出の素晴らしさ。一方、さくらは泣き顔で悲しそうなのだ。




posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年03月03日

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」第十七作メモ



芸者ぼたん役の太地喜和子のマドンナが素晴らしい。寅と同じ種類の人間で、リリーのライバルになってもおかしくない存在で、彼女がマドンナの続作がつくられなかったのが残念なくらいである。

「寅の夢」は、ついにジョーズ篇。おいちゃんも、おばちゃんも、満男も食われ、源ちゃんが下半身を食われた残酷図までうつされ、さくらも気がふれてしまい、ジョーズに食われて、寅がさくらのちぎりれた足二本をもつ超残酷シーンが。といっても、源ちゃんもさくらも、はっきりつくりものと分かるように撮られているわけだけれども。倍賞千恵子の演技がうまくて妙に感心してしまう。そして、寅が起きると釣りをしていてちっちゃな魚を釣りあげるが、かみつかれるというジョーズとつながっているオチ。本当に脚本の芸が細かい。

オープニングの「江戸川沿い騒動」は、子どもとチャンバラして、親が怒って大騒動に発展する篇。寅がきっかけで、本人の関係ないところで騒動になるパターンはこのあたりからか。

寅だけが宇野重吉じいさんをかばって優しい。いや、「寅のアリア」でみせる老人への思いやりはマジで勉強になります(笑)。笑いに紛らせているけど、寅は単なる情けない失恋男ではなく天使なのだ。

大雅堂の主人の大滝秀治が実にうまいですね。ああいう古本屋の主人は本当にいそうだ。

絵が7万円で売れてさくらにみせたら、「お兄ちゃん、泥棒だけは」と泣かれるのは分かりやすいけど、やっぱり笑える。倍賞千恵子の表情が真剣そのもので。

旅一座の「花形女優」の岡本茉莉が宇野重吉宅のお手伝いで出ている。

龍野の風景が美しい映画。特に俯瞰の屋根がぎっしりの絵が印象的。

観光課長役で桜井センリがシリーズ初登場。「男はつらいよ」で、個人的には一番好きなバイプレイヤーである。ここでも、不思議な歌声や踊りを披露している。すごく芸達者で独特の雰囲気をもった役者だ。インチキ神父みたいのをゃっていたのも、よかった。

太地喜和子は本当に派手で華がある。寅のイモがころげて、寅と笑いあう出会いからして素晴らしい。笑い声が豪快で。明るくてキップのいいい芸者役がはまっている。桜井センリが「龍野代表する役者」だというのも納得。「溶けて流れりゃ皆同じ」という歌の文句もいい。

太地喜和子が普段着の派手目な様相で、塀に挟まれた狭い路地を小走りにこちらに走ってくるところは映画的なシーン。そして、太地喜和子はスタイルが抜群である。

「奮闘篇」でマドンナの花子を好演していた榊原るみが、お手伝いのチョイ役で登場する。

龍野の夕焼けの連続カットが美しい。江戸川の土手の夕焼けもよく出てくるが、「男はつらいよ」は夕焼け頻出映画だ。

太地喜和子登場のテーマ音楽もなんだかピッタリである。

寅とぼたんが、とらやで再会するシーンは、寅とリリーと雰囲気がよく似ていますね。

寅に、「博にぼたんなら三日で飽きちゃうよ」といわれて、「そんなことはありませんよ」と真顔でいう博の演技とそれを見つめるさくらが微笑ましくて笑える。

マドンナが深刻な金銭トラブルに巻き込まれるというパターンは結構珍しい。博の表現を借りると「はじめてのケースだ。」

佐野浅夫は憎憎しくて素晴らしい。どうでもいいけど白いベルトがダサい。

タコ社長もいいとこをみせる。金を取り戻せなくて寅に「気が済むならなぐってくれ」というところなんざ泣かせる。社長の髪の毛が乱れて前に垂れているのが苦労をしのばせます。細かい演出。

寅が、刑務所行き覚悟で佐野を殴りに行くシーンは泣かせるが、ちゃんと行き先が分からないというオチをつける緻密な脚本(笑)。

ぼたんのトラブルに気をとられて、寅とぼたんの恋はめだ゛たないまま終わるし、特に寅が失恋するわげてもない。でも、さくらがいうように「ぼたんさんはお兄ちゃんがすきなんじゃないかしら」である。何も起こらずに終わるので、本当にこの二人の続編を見たかったと思う。

宇野重吉に寅がたんかをきるシーンも普通にいい。そして、宇野重吉の後ろ姿で全てを表現する演出。

宇野重吉がさくらに方角を聞くシーンが、ラストの寅とぼたんのシーンとつながるお得意の脚本パターン。そういうところを観る楽しみがね「男はつらいよ」シリーズにはある。

ラストの龍野での寅とぼたんのシーンも素晴らしい。渥美清にも負けない圧倒的な太地喜和子の存在感。龍野の俯瞰の屋根の絵。この作品は、「映画」としての完成度も高くて秀逸である。何度も言うが、寅とぼたんの本格的な恋もみたかった。

















posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年03月02日

山田洋次監督「男はつらいよ 葛飾立志篇」第十六作メモ



地味な作品という印象だったが、改めて見ると特にとらやファミリー関連シーンがシリーズとして練れてきていて結構笑った。

「寅の夢」もどんどんエスカレートしてきて西部劇篇。いきなり、倍賞千恵子が酒場で歌う。米倉斉加年と上条恒彦が前作に続いて夢出演。吉田義夫が西部劇だろうがなんだろうがいつもの調子である。渥美清の四角い顔のガンマンは理屈ぬきにふいてしまう。

オープニングは、野球のボールを草むらのカップルにぶつけてしまう篇。デブの大漢がニュッと出てくる凝ったつくりが意表をつく。

桜田淳子が毎年500円だけ送ってくるというと、おばちゃんが真顔で「やっぱり寅ちゃんかねぇ」というのが妙におかしい。他にもおいちゃんが「こいつはバカだけどウソはいわねぇ男だから」、おばちゃん「そうなのよ」とか、真顔で言いたい放題である。

寅がおゆきの思い出を語る「寅のアリア」はなかなか泣かせる。そして、そのいい話の後に家族がまたひどいことを言う。博「でも、結果が違ったからよかったんでしょう。」、おいちゃん「そっか、ホッとしたわけか」、社長「不幸中の幸いだよな」、全員でワッハッハッハ。寅もすごいひどいこと言われてるし。こういうとらやの家族芸が絶妙な作品である。寅が怒っていうセリフもいい。「歯、全部むき出してゲタゲタ笑いやがって。入れ歯だったら落っこちるぞ。おまえたちは、みんな悪魔か。」悪魔って(笑)。よくでくきた脚本である。渥美清のアドリブも入っているのかな。

ついに御前様まで、寅がほれるのに心配して「こまった」と言い出す。寅やファミリーも勿論、おばちゃんまで「こまった」と御前様の言葉を繰り返すのだ。この作品は寅が言われ放題である。

大滝秀治は常に大滝秀治ですね。

やっぱり寅に言わすと「きっちゃてん」であり「こーしー」である。池内淳子マドンナの回と同じく。

樫山文枝マドンナに寅が喫茶店で色々教えたと聞いた、下條正巳おいちゃんの「かぁぁ」という反応が笑える。下條正巳おいちゃんもスタイルを確立させつつある。結構江戸っ子の毒舌でね。

寅のムカデの足の話が結構おもろい。とらやファミリーが皆で笑うシーンはよくあって、時々そんなに面白くない話で笑っていることもあるけど、これは本当に面白い。

寅が、勉強するためにめがねをかけるのを博に本気で叱るのが笑える。博まで、寅の話をききながら、おいちゃんみたいに「イヤだイヤだ」という顔をする。結構寅が虐待される作品である。

名優、小林桂樹登場。ただ、個人的にはあんまりはまってないと感じた。ちょっとやりすぎているのかなぁ。コメディは難しい。でも小林桂樹も黒澤の「椿三十郎」でのコミカルな役など素晴らしかったけれど。やっぱり渥美清は偉大だ。

「男はつらいよ」には、寅と対照的な「インテリ」が結構登場するが、常に経験的な智慧の持ち主の寅をひきたたすための存在である。

さくらさんの野球ヘルメット姿が珍しい。

寅の恋敵?の大学教授の小林桂樹もマドンナに振られる珍しいパターン。そういえば警官役で出ている米倉斉加年も大学助教授役でマドンナに振られていた。山田監督も寅と同じで「インテリ」に厳しい?

とらや家族の毒舌は小林桂樹にまで向かう。おいちゃん「あの先生だって捨てたもんじゃないぞ。」、博「ひげそってね。」、社長「ちゃんと背広着てね。」、博「風呂に入って。」、おばちゃん「歯、磨いてね」、ワッハッハッハ・・をテンポよくやる。とらや家族の毒舌芸がめだった作品であった。


posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年03月01日

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」第十五作メモ



「男はつらいよ」の代表作なると、やはりこれになるのかもしれない。リリーマドンナの中でも、これが一番いいし(他もいいけど)、作品としての完成度も高い。渥美清も元気一杯で、若さと円熟の両面のよさがある。シリーズ作品としても、コメディ色の強い初期作品と真面目なところも多くなってくる後期の境界線にあってバランスがいいし。

「寅の夢」まで出来がよくて、この「海賊船の夢」は最も印象的なものの一つだ。米倉斉加年と上條恒彦が、この夢のためだけに出演しているのも豪華。吉田義夫も一度お休みだったが、無事こーーい奴隷船長で復帰。寅はタイガー、さくらはチェリーだけど、満男は満男で「そのままなんかいっ」と思わずつっ込んでしまう。

夢から覚めると映画館で、寅が映画館のオバチャンに「面白かったよ」というと「あぁ、よかったね」というのが場末の映画館ぽくってよい。

オープニングはさくらが江戸川のほとりを自転車で走るパターン。寅は出てこない。

リリーは、「忘れな草」では化粧も濃くて素人じゃないことを強調されていたが、この回では髪もショートでサッパリしてきれいだ。

寅が、夕方商売が終わってトボトボさびれた町を歩き、カメラがパンして綺麗な夕焼け空というシーンがいい。今回まとめてみていて、旅先の街並みや自然の中の寅の絵がどれもすごくいいと思った。

船越英二と渥美清の対照的なキャラクターがとてもいいわけだけど、船越英二はこの作品だけだったのが惜しい感じ。改めて観ると、船越は背も高くて堂々として男前でリリーがほれるなら普通に考えるなら寅じゃなくて船越パパなんだけど、見事に人畜無害な中年男のオーラに成りすましていて、二人を邪魔していないのが見事だ。

おばちゃんが、嫌味な船越妻の前で「ございませ」言葉をつかうとこがおかしい。そしてKY社長が品のない無神経発言をするいつものパターン。

ラーメン屋でパパをはさんで寅とリリーが再会する名シーン、この二人の嬉しそうな様子は演技をこえてますな。本当に相性がいい。

寅はリリーに足をあっためさせてくれといわれて断るくせに、あとで「いつものように足をあっためてやろうか」と家族の前ではふくのだ。悲しい男である(笑)。

寅、リリー、パパの夕焼け海岸石投げのシーン美しい。さりげない自然シーンが多いですね。

パパが万年筆を売って寅がサクラをするシーン。あんな派手なサクラじゃすぐバレルだろっと思うが、そういう細かいことは気にしないでおこう。「ママじょうやも一本買ってあげたら」はいいですね。

寅に「男に捨てられたんだろ」といわれた際のリーの悲しそうな顔はいいですねぇ。あれは寅じゃなくてもほれてまうわ。

寅とリリーが再会して謝りあうシーンは、見ていて恥ずかしくなるくらい仲いいですね。

寅が団子屋なのに客を断ってしまうのはシリーズ中、何回あったのだろうか?

博のうたは見事にひどい。そしてリリーが歌うバックで盛り上げる寅がかわいい。

階段を上がるリリーを寅が見送るところでのリリーの甘えっぷりもかわいいことこの上ない。というわけで、観る側もどんどんリリーにはまってゆくのだ。

「寅のアリア」の「リリーが劇場で歌う」は本当に素晴らしい。さくらさんが「リリーさんに聞かせてあげたかったな」というのだが、BSで全作品放映された際に、特番で本当にこのシーンを浅丘ルリ子に見せたら、浅丘が涙を流したのはすごかった。映画と現実が交錯してしまっていた。

パパがさくらに「寅さんとりりーさんの結婚式の時には呼んでください」とうのを聞いた寅の喜びの表現のおかしくて見事なこと。あんなに人は無邪気に喜べるものだろうかという。そして、ゲストほ夕方の江戸川の土手道で見送るシーンはシリーズ通じても、どれも美しい。

そして伝説のメロン・シーン。「男はつらいよ」全作を通じても白眉中の白眉である。寅が「わけをきこうじゃねえかよ」と切り出す間や表情が絶妙すぎていきなり腹をかかえる。「どうしてみんなのつばきのついたきたねぇ食いかすをオレはくわなきゃならねぇんだい」と続くその表現がいいですよね。そしてリリーが逆切れするあの爽快感(笑)。博がすっとしたと言うのも当然である。さらに、それに対して寅が「かぁぁぁ、憎たらしい口ききやがって、これでも女でしょうか」というところは何度見ても笑ってしまう。あの言い方。「男はつらいよ」全体を通じても最も笑える寅の名セリフだ。

寅とリリーの相合傘の名シーンも、キスをするわけでもなけりゃ愛の言葉を交わすわけでもないけど、日本映画史上、いや世界映画史上でも有数のラブシーンである(笑)。
さくらがリリーに寅のかわりにプロポーズする際のリリーの表情のよさといったら。いつもは陽気なリリーが初めてもみせる表情である。寅は絶好球を見のがすわけだけれど、あの状況じゃ仕方ないというところもある。八千草薫に逆プロポーズされた際は腰を抜かして、今回は「冗談だろ」といってしまうが、常に寅は間が悪い(笑)。シリーズが続くためには結婚させるわけにはいかないというのもあるのだろうけど、個人的には寅がリリーと結婚できないと思う気持がよく理解できるし説得力もあると感じる。

二階で寅とさくらが語るシーンでは、成瀬映画のような雨と雷。「あいつもオレとおんなじ渡り鳥よ。腹すかせてさぁ、羽けがしてさぁ、しばらくこのうちに休んだだけのことだ。いずれまた、パァーと羽ばたいて、あの青い空へ、なぁさくら、そういうことだろ。」
文句なしの寅の名セリフ。そしてさくらが頬に一筋の涙を流して「そうかしら」と応えることできちんと完結する。

船越パパが来て、さくらが「リリーさんと兄は本当に仲のいい友達だったんじゃないかって、そんなふうに」と言う。まさしく。男女の仲さえ超えてるところがある二人だったのであった。

海岸に旅行カバンが置かれていて、海を後姿で見つめる寅。この作品は全体を通じても自然のシーンが美しい映画だった。










posted by rukert | Comment(2) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年02月28日

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎子守唄」第十四作メモ



「寅の夢」。寅が今までのヒーローではとは違って語りと産土の神役。四角い顔した神様である。夢がどんどん過激にエスカレートしていく兆?ちなみに、博とさくらに子こがないのは、おばちゃんに子がないのとつながる。フロイド的な夢の変形である。そして二人が子どもを願って夢の中でするお百度参りを、おばちゃんが博の腕の無事を祈ってする。こういう関連をもたせたがるのが、「男はつらいよ」の本の特徴。

オープニングは珍しく江戸川沿いの土手道ではなく旅先。

さくらが必死に自転車で走るシーン。倍賞千恵子は、不安な表情が意外によく似合う。実はサスペンスドラマ向き(笑)?

三代目おいちゃんの下條正巳登場。初登場だがセリフも多く重要なものも。おいちゃん一人変るだけで、とら屋の家族のシーンの雰囲気が全然変わってしまう。やはり、風格とか品とか味があって、長くやったこともあっておいちゃんは下條正巳のイメージがある。個人的には森川信おいちゃんが大好きだけれども、シリアスな風味を出すためには下條正巳が欠かせない。本当にいい顔をしている役者さんですよね。

御前様の「こまった」とか「ははははは」というスローモーな独特な笑い方もこの辺りからだろうか。

「寅のアリア」は自分の葬式の妄想。相変らずディテールが明確で説得力ある語り。

月亭八方若い。ちょっと下手かなぁ。

寅をマドンナと引き合わせまいとするパターンは、喫茶店の池内淳子以来か。

岸恵子、吉永小百合と寅と恋愛関係になるのが考えられないタイプのマドンナが続いたので、十朱幸代は、明るく優しく庶民的で、まぁ男はつらいよのマドンナ的なマドンナである。

寅の家族に怒ったり、マドンナにデレデレしたりを繰り返す二面性の演技は渥美清のお得意とするところだ。極端な切り替えが見事に分かりやすくて笑える。

寅がマドンナに会いに行くのを、家族に被害妄想的に気にするおなじみなパターン社長が「ごゆっくり」というのに噛みつき、全員で゛「いっといで」と声をあわせるパターン。寅の「風呂に行くんじゃねえよ」とか「雀の学校じゃねぇんだよ」というツッコミがおかしい。

十朱幸代が「雨降って痔固まる」とか言わされている。山田洋次はこういうのが好きなような気がする。

「源ちゃん」は正式の氏名も分からないことが判明。寅以上に不幸な境遇なのだろうか。源ちゃんの謎。

源ちゃんの顔に口紅の落書きしたのはかなり破壊力がある。

上條恒彦が十朱幸代にプロポーズするシーンは、博がさくらにプロポーズするところとよく似ていますね。上條恒彦はいい声している。なぜか「寅の夢」の海賊船バージョンに米倉と一緒に出ていた。そういえば、上條も米倉も、寅の恋の指南を受けたつながりだ。片方はダメで、片方は「ひょうたんから駒」でうまくいくのだが。

寅は上條恒彦に「二枚目だ」といわれたりする。一方、上條恒彦はおばちゃんに「あれじゃ寅ちゃんの方がましだ」とか「ひげ中顔だらけ」とかひどい言われようである。ちなみに、「ひげ中顔だらけ」は初代おいちゃんの「まくら、さくらをだしてくれ」を連想させるのであった。








posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年02月27日

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」第十三作メモ



吉永小百合アゲイン。前回の若いわりと無邪気な娘より、こちらの方が断然いいですね。

「寅の夢」、現代もので寅が結婚までする。博の演技が、普段以上にクサくて笑えます。

吉田義夫が夢に出てこなくてガッカリするが、電車で寝る寅によっかかられてはねのける老人でちゃんと登場する。右のおばあちゃんの武智豊子は女エノケン」と呼ばれた方なんですね。

オープニング江戸川沿いは、ラジコン飛行機を落としかけ、カップルにつまづきカバンを間違える軽い感じ。でも、引きの絵で寅の動きだけでも面白い。

おいちゃんが寅と結婚する夢をみて「寅の夢」とつながるが、夢ではおいちゃんは殺されていたな。細かいネタ。

寅のアリア、風景が目に浮かんでくる。渥美清は落語やらしたら相当うまかったんじゃないかしら。

絹代の高田敏江は『3年B組金八先生』にも出ていたんですか。

さくらとタコ社長が寅と旅行で同行する。さくらも結構寅のために旅に出ていますね。そして、旅のシーンが似合う。

鳥取の海岸の寅をひきで撮っているのがとてもいい。本当に自然の中の寅が絵になる。あの寅の格好は拭くも帽子もカバンもオシャレなんだな。

吉永小百合は、やはり不幸な境遇の役が似合いますね。寅との出会いのシーンからして美しいです。何度も言うけど吉永夢千代は本当によかった。

家族が「歌子」と聞いて、「豆腐屋の娘か、津軽の娘、それは秋子、それは幼稚園の先生」といい合うのがおかしい。どれだけ恋多き男で、家族も誰が誰だか分からなくなっているんですかと。

寅が歌子のことを心配するところに、おいちゃんが「寅、ちょっと疲れているんじゃないか」の一言が笑える。

寅は、今回は「恋の病」でなく「恋やつれ」ですか。それをネタに、家族が、「社長は税金やつれ、博は労働やつれ、おばちゃんたちはお団子おつれ、さくらは寅やつれ」といって笑いあうが、確かにあれはひどくて寅が階段から降りてきて怒るのももっともで
る(笑)。

写真を撮る際の「バター」や「笑って。泣いて」を振り返るのが完全にシリーズですね。

この回は吉永小百合が美しい、寅家族の優しさに泣いているのかと思ったら、笑っているのには裏切られる。と思ったら、今度は寅が歌子を見てしみじみする。結構山田演出は、ひねくれていて意表をつかれる(笑)。

さくらが宮口精二に会いに行くシーンがいい。さくらが別れてから、無愛想な不器用な宮口にため息をつくと、宮口がステッキをついして小走りで現れてさくらを駅まで送る。宮口の演じる父親の人柄が自然に伝わるという演出。宮口精二は前作ではあまり見せ場がなかったが、この作品では持ち味を十分出している。

寅が歌子にハンバーグをつくってもらってはしゃぐのがかわいい。この辺りまで来ると、渥美清の表現もすっかり形が出来てきて、どんどん寅がかわいくなっていくのだ。

階段で
歌子を見送る寅が階段に片足をかけるポーズとか、さくらに歌子を連れて行かれてすねる寅の表情とか。もう芸術だ。

宮口精二と吉永小百合の和解のシーンは、普通に泣けますね。

寅と歌子の別れのシーン。夕方や夜にマドンナのもとを、ひょっこり訪ねて、家にはあがらずに縁台に腰掛けるというお得意のパターン。二人で花火の話ばかりするのがいい。

浴衣の吉永小百合は確かに本当に美しい。寅がまた思っていることを言葉に出してしまう病気が出て「浴衣きれいだね」と言葉に出してしまうのももっともだ(笑)。

この回は失恋じゃなくて人助けですね。こういうパターンが増えてくる。 伊藤蘭の回とかもそうだった。

最後、吉永が寅が島に来ると信じているというネタフリがあって、寅が海岸にやってきてひきで映して近くに来ると絹代というのには、完全に騙された。歌子に会いに行かないというのは正しいラストだけれど、マドンナの檀ふみに実際に会いに行っちゃうというのもあって、別に寅なら会いにいっても構わないというところもある。やっぱり、寅は基本的に「男」ではなく「天使」なのだ。






posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年02月26日

山田洋次監督「男はつらいよ 私の寅さん」第十二作メモ



「寅の夢」。どんどん吉田義夫にハマッてゆく私がいる。寅に撃たれて倒れる大袈裟な演技が、旅芸人一座の座長と重なる。

オープニングは、寅が蝶をつかまえようとして女性に網をかぶせていまうホンワカバージョン。蝶をつすまえようとするシーンは岸恵子との別れのシーンでも出てきますね。

旅行先での、猿山の仲間はずれの猿が本当に寅に似すぎている。よくめっけたもんだ。

二代目満男の中村はやとが電話口で喋るシーンがあってセリフデビューしていますな。

二代目おいちゃんの松村達雄も、ようやく堂にいってきて、電話で寅とケンカするシーンは笑える。

前田武彦はさくらさんに気持がられるように痴漢ぽくって素晴らしい(笑)。

岸恵子は、出会いで寅に怒り散らすところが一番素晴らしいかな。しつこく、くま、かばというあたり。寅が「にくったらしいなぁ、あぁぁ、いやだ」というところの渥美清調がいい。リリー相手にメロン事件で怒るところと感じが似ている。

「インテリ女と便所のナメクジくらいいやなもんはねぇんだ。」というせりふがすごい。

岸恵子を見送って寅が手を振り、さくらが後姿の夕焼けの絵は美しいですね。寅のあのファッションは自然の風景に不思議と映えるのだ。

津川雅彦も本当にいやみったらしくて素晴らしい。

津川と岸が話そうとするところに、寅が呆然として座りこむところがかなりコメディとしてはよく出来ている。笑える。

寅が「今日はお開きということにして」という御馴染みのセリフはこの作品あたりからかしら。

博が、寅が恋するのは生きている証だと大真面目に言うのは、よく考えると(よく考えなくても)、すごいことを寅は言われていますね。
寅が岸恵子と倍賞千恵子の絵をかいて「キリギリスとらっきょう」というシーン。倍賞千恵子は、らっきょうと言われるのは、八千草薫マドンナの回に続いて二回目である。ひどい。おかしい。

岸恵子が失恋して「恋の病」になるが、それと全く同じ症状に寅がなる。この同じことが別の人にというのは「男はつらいよ」、お得意のパターンである。

そこに岸恵子が見舞いに来て、「さくら、おまえの顔までりつ子さんに見えるよ。声まで」というところは、笑えるけど、よく考えると(考えなくても)凄いシーンだ。完全に精神の病じゃないですか(笑)。

そして、そこに社長が超KYぶりを発揮して、岸に気づかず「寅さんは恋の病だねぇ」という。見事だ。そして、寅がおきてきて社長をしばこうとする。恋の病でねこんでいたんじゃないんかいっ。

寅が小戸川のほとりの土手で寝るシーンは、どの作品でも本当に絵になる。

源ちゃんが、寅につかれて土手をころげ落ちてゆく勢いがすごいですね。

寅に岸恵子が別れを言うしーん。池内淳子との別れのシーンと絵の構図が似ているが、ここでは岸恵子が言うべきことをはっきりいいすぎている。そういうマドンナという設定なんだろうけれど、やっぱり私は池内の方の繊細なシーンの方が好きだなぁ。

寅と別れた岸恵子がさくらさんに「いつまでもいい友達でいたかったのに、バカね寅さん」というところの、さくらさんの悲しそうな表情。これも、そういう性質のマドンナを描きたかったのかもしれないけれど、「さくらさん、そこも怒ってもいいよ」とちょっといいたくなる。

というわけど、私は寅以上に女性の趣味が保守的で、今回のマドンナについては、御前様の口調で「こまった」といいたくなるようなところがありました。寅さん、あんたにはこういう女性は似合わないよ、といいたくなるんだけれど、そういう女性もきちんと真剣に暖かく愛してしまうのが寅さんなんだなぁ。












posted by rukert | Comment(1) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年02月25日

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」第十一作メモ



リリー登場。

「寅の夢」で、渥美清が鮮やかな殺陣を見せる。吉田義夫が珍しく善人役だが、やはり独特のアクがあって面白い。

オープニングの江戸川沿い、寅がカメラのシャッターを押す騒動。わざと近くに立ったりする動きだけで笑わせる。考えてみれば、ここは寅のサイレント・コメディだ。ここでは斜面に皆を落として喜ぶ寅は確信犯。

寅がピアノを博の家に入れるのは無理だという際に「棺おけだって縦にしないと入らねぇよ」という言い方が面白い。そして博の「ひどいことをいうなぁ」のおなじみのパターン。博はこの辺りの作品からから色々自己主張しだしますね。

北海道の風景のシーンでは、前作の信濃に続いてクラシック。ビゼーやらG線上のアリアやら。寅のあのかっこうと自然とクラシックが妙にあっている。

夜汽車でリリーが涙ぐむところを、寅がそっと見つめるシーンが二人の出会い。リリーを見つめる寅が実にいい表情を見せますね。二人が同類で心が通じるのを、寅の視線一つでちゃんと表現している。

リリーは、この回は特に素人じゃないことを強調するメイクや服ですね。

二人が初対面で話すところから、いきなり親愛感が会話の言葉じゃなくて、二人が並んで座っている絵だけではっきりでている。やっぱり相性がいいんですね。こういうのは理屈ぬきで不思議だ。浅丘ルリ子のリリーと渥美清の寅が深いところで感応している。父親が舟で出かけるのを家族が見送るのをじつと大きな目で悲しげにみつめるリリーと、ちっこい目でさりげなく、しかし優しく見つめる寅の二人の顔の絵のいいこと。まだ何もないのに本当に恋人のように見える。

寅が北海道で、労働に疲れて倒れる渥美清の演技は絶品。こういう面白さも理屈ぬきですな。

さくらさんが北海道を旅するシーンがいいい。第七作の奮闘篇でもあったけど、実はさくらさんも寅と同じで旅が不思議に似合うのだ。

リリーがとら屋に来ておばちゃんの手料理を食べる。どのマドンナも嬉しそうにするところだが、やっぱりリリーが一番素直に嬉しさが出ていて、とら屋の家族にいきなり溶け込んで見えるから不思議だ。

「かたぎ」の家族が「旅人」のリリーに次々に素朴な質問をして、寅が「わっかてないなぁ」と代弁するのは、寅とリリーが同類で、寅がリリーのことをよく分かっていて、なおかつ家族に対して寅が自己弁明することにもなっている。よく出来た台本だ。

寅が心が豊かだから「上流」だという話になつて、寅が「野ばら」を歌いだすところは笑える。「望郷篇」でも育ちがいいとおだてられてその気になったのと同パターン。

リリーに家族が寅の過去の失恋を全て説明する場面。ほとんど全部のマドンナを話しているんだけど、なぜか若尾文子の回だけが抜けている。明らかに意図的に。何か山田監督の思うところがあったのかしら。

さっきの場面では、寅がリリーの気持を代弁したが、ここではリリーが「愛されるより愛したい」と寅の気持を代弁する。まさしく、無償の愛が寅の本質である。

リリーに「私の初恋の人は寅さんかしら」といわれて。「りりーしゃん」となるのがおかしい。ちなみに、「リリー、俺は冗談だとわかるけど、この家の住人は皆かたぎだから真に受けちゃう」というセリフは、「相合い傘」でリリーにプロポーズされた寅が言うせりふだ。ここでは笑えるが、あの場面は本当に悲しい。同じセリフを全く別の状況で使うパターンが多い。

寅の部屋にリリーもとまる。もう何人目だったんは忘れた。そして、やはり一番嬉しさうにはしゃいでかわいらしいのがリリーなのだ。

リリーが酔ってきて、寅とケンカ別れするところが最後。これは失恋シーンではない。博の言葉を借りると「これははじめてのケースだ。」当然みる人間は「これで終わりなの?」と思う。続編が期待される。リリーの結婚相手も毒蝮三太夫なんで、観客はなんとなく納得できないのだ(笑)。

全体にリリーの魅力全開だけれども、作品としての完成度はそれほど高くない。というわけで、リリーが出でいて完成度も高い作品が必然的につくられることになるというわけである。

ついに、寅は別れる時にさくらさんに逆にお金をもらってしまう。という作品。
posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年02月24日

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎夢枕」第十作メモ



個人的にはシリーズ中、大変好きな作品。マドンナが寅の幼馴染という反則設定で、本当に寅に結婚させてやりたいと親身に思わせる?珍しい一品。

「寅の夢」は、マカオの寅篇。前田吟がすっごい二枚目ほ抜けぬけとやっているのが超おかしい。そして、吉田義夫の味にほとんくど麻薬的にはまってしまうのであった。

渋柿を食った顔芸だけでも絶品で、渥美清は十分笑わせてくれます。

オープニングの江戸川沿い騒動は、ベビーカーを転落させる篇。寅も、まだ素直に謝ったりしている。

家族で寅を「優しい」と世辞で言うのは、皆で本当のことをいっているわけなんだな。そして、さくらさんが寅が言うセリフがおいちゃんの言う通り泣かせる。前作では微妙なキャラチェンジしていたさくらさんだが、本作では基本的に元に戻っている。

寅が「源ちゃんが、祈りを込めてついているんでしょうねぇ」と妙なことを言うと思ったらちゃんとオチが。あの落書きは、佐藤蛾次郎さんが書いたんですかね。違うか。

信濃路のシーンでは、ビバルディの「四季」が効果的に使われている。音楽担当が、山本直純で、彼は小沢征爾のご学友なのだ。だから、「男はつらいよ」シリーズではクラシックが意外に効果的に使われていた。

田中絹代登場。端正で気品があって威厳のある演技、存在感だけれども、これだけでは勿体ない.田中の凄さがちゃんと伝わるだろうかと思う。少しだけの登場なんで仕方ないけど。

登登場。寅の仁義をパクッたりしている。ラストでも登場。最初あるいは最後を締めるのは旅する人間の寅の同類としての、登や旅一座や、後の関敬六がやっぱりふさわしい。

他にもシリーズの随所で活躍する米倉斉加年が生真面目な大学助教授を怪演。寅の部屋に男が泊まる初めてのパターン。

さくらさんが、「おばちゃん」と呼ばれて、源ちゃんに笑われるシーンも。もう第十作で、時の流れを感じさせられますな。

マドンナの八千草薫が、とてもいいと思う。他ではどういうイメージの役が多いかよく知らないが、ここでは庶民的で気さくで優しくて美しくて気がきく女性になりきっている。本当に寅の嫁にピッタリではないか。

ちなみにも、。名前も千代、お千代さんと現実的な名前だ。だいたい、ここまでのマドンナは、冬子とか夏子とか歌子とか花子とか、ちょっとふざけた名前で寅の手には届かない非現実な存在であることが暗示されていたが、きわめてリアルな女の名前なのである。

寅の「さいずめインテリだな」の名言登場。

米倉斉加年が二階でかける音楽も「四季」。こういう「天丼」パターンが、実は「男はつらいよ」シリーズでは多い。この作品では、寅が恋の苦しさを語るセリフを、米倉斉加年が繰り返すところとか。

寅が怒って「てめえらの、そのつめてえ地獄の鬼のような眼差し」という表現がおかしい。これは脚本なのかしら、渥美清のアドリブなのかしら。

寅とお千代の出会いのシーンがとってもいい。店の暖簾ごしに行き来して、「とらちゃん」「ちよぼう」と呼び合う。そして八千草薫の本当に懐かしそうな表情。いいですね。寅の言うことがすごい。「おでこの出っ張ったらっきょみたいなおかしなツラした娘だったよねぇ。結構見られるようになったじゃねぇか。おまえ(さくら)と手握って二人で歩いていると、デカらっきょうとチビらっきょっうって、よくおまえたちからかわれていて泣いていたじゃねぇか。」そして、お千代がなんと怒りもせずに嬉しそうでこう言う「そのたんびに、とらちゃん棒きれ持って飛び出してきてね。」なんだよ、この幼馴染の世界。寅はお千代の寝小便のことまで言うが、お千代は笑って平気である。博の言うように「はじめてのケース」だ。そして、寅が本当につきあっても大丈夫なのではないかと思わせる。寅をよくわかっているから。

米倉斉加年が、お千代に一目惚れした際の、寅と源ちゃんの反応。子供だよ。かわいい。

そして、米倉斉加年が二階でクラシックでなく山本リンダの「もうどうにも止まらない」を歌いだす。こういう細かいギャグまでこだわっている。

寅に博がさくらにプロポーズした頃のことを言われて、照れるさくらさん、かわいい。

八千草薫と倍賞千恵子の美容室のシーンは、個人的には「男はつらいよ」全体を通じても最も好きなものの一つ。お千代が「照れ屋なのよ。あなたのおにいさんは。小さい時からそうだったわ。人がみてると、いじめたり、悪口いったりするけど、二人っきりになると、とっても親切よ。」なんて寅のことをよく理解しているのだろう(笑)。
そして、寅登場。言うことがすごい。「なんだい、この店は漬物屋か。らっきょうが二個そろって、何の相談しているんだよ。ったく、やる方もやる方だし、やらせる方もやらせる方だよ。髪の毛なんかいじらないで、おでこけずったらいいじゃねぇか。以上。」さくらは軽く怒るが、お千代は「照れ屋」だと分かっているから笑っているのだ。寅の結婚相手として、これ以上理想的な人はいないじゃないですか。
ちなみに、八千草薫と倍賞千恵子の本当の容貌と関係しているのが、山田洋次のひどい、というかすごいところではある。

お千代が、親権のない子と会う表情もとてもいい。そして、お千代を晩飯に招待して、息子に関する話題を言わないように申し合わせるのは、第二作で寅に母親の話題を言わないようにするパターンの繰り返し。無論、博が新聞を読むと子どもの話題だったり、テレビをつけると子どものニュースという予想とおりの展開。
さらに、寅が歌を歌って、からすで゛かわいい七つの・・」で、「あっ、これゃ違うんだな。」、さらに「お馬の親子は・・、はじめからダメだ」ちという間が抜群で爆笑してしまう。

かと思うと、お千代が泣いて悲しんだのかと思いきや、寅たちの気持が嬉しいというところで一転して泣かせる。正直、私などは号泣してしまった。こういう、意表をつく演出が山田監督は好きですね。

、そして。寅とお千代の逆プロポーズのシーンも最高である。寅の言うように゛お千代ぼうはカンがいいから」、寅の言葉を待っている。そして、例の「冗談じゃないわ。」と優しく真剣な眼差しで言う名セリフ。崩れ落ちる寅。さらに、すぐに寅の様子を見て「冗談よ」と撤回するお千代。なんて出来た優しい女なのだろう(笑)。いや、本当に真剣に寅と結婚したらうまく言ったんじゃないかと思うベストワンである。リリー以上に。

お千代は、寅が去った後にもさくらたちに寅に振られたとちゃんと正直に言う。ところが、寅は旅先で登たちに「逆に振ってやった」とふくのだ。何と居皮肉で素晴らしい演出だろう。

というわけで、寅はフリーのままで無事シリーズ続行。次作でついにリリーとめぐり合うのだ。











posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年02月23日

山田洋次監督「男はつらいよ 柴又慕情」第九作メモ



「寅の夢」のストーリーとは独立バージョンが初登場。寅は「無駄な人殺しはしたくはございません」から始まって終始かっこいい。そして時代劇調なのに、突然「おにいちゃん」のキメゼリフも。夢シリーズでは最重要な悪役の吉田義夫も夢デビュー。本当に強烈なキャラの役者さんです。

帝釈天のツバメの巣を取り払ったらツバメがかわいそうとさくらさんが言うと、御前様が「あんたらしいことをいうねぇ」と印象的なお答え。そして、さくらさんが「えっ」とちょっと照れるのがチャーミング。

この回あたりから、さくらさんが微妙なキャラ変化するのが見所。少し貫禄がで辛らつだったりするのが面白い。その1、おいちゃんのことを「じゃまよ、こんなところに」と押しのける。初代おいちゃんにはこんなこと言わなかった。二代目の松村達雄おいちゃんは、ちょっとなめられキャラだったりする。

寅が貸家を探すところで、相変らず細部のディテールが明快な妄想一人語りをする。うまくておもろい。

どうでもいいけど、あの仲介手数料の6000円は払う必要あるのだろうか?

博が、寅に新築予定の自宅のことをボロクソ言われて、真顔で「にいさん、ひどいこというなぁ」というのはいいシーンなんだけど、なんだかおかしい。

さらに、タコ社長が、さくらのいいセリフを盗用してギャグにしてしまうのが洒落ている。

久々に津坂匡章の登登場。相変らず、かわいい舎弟である。穿ったことを言うと、この二人でいる楽しくて仕方ない感じが、裏返しで寅の対女性関係を暗示してしまっているようなところがある。

寅が写真を撮るときに言う「バター」は、第一作の御前様のパクリである。でも、寅さん、そのギャグはあなただから許せるけど本当は全然面白くないです(笑)。

吉永小百合は、やはり独特な清純派ですね。でも、私はNHKの「夢千代日記」が文句なくすきです。武満徹の音楽もピッタリはまっていた。

吉永小百合が「バター」に笑えるのをこらえる演技をするのかぜ妙にうまい。

名優シリーズは宮口精二登場。キャラクターによくあった役だけど、あまり見せ場がないまま終わる感じ。でも、頑固で寡黙なまま終わるのがらしいのかもしれない。

さくらさんが、歌子の写真を見て全てを察する表情がいい。おかしい。

タコ社長が、「年なんか問題ないんじゃない」と相変らず空気読まない発言して笑える。そう、とことん空気読まないキャラだ。

さくらさんのキャラ変化その2.寅に金をねだられ、「なにすんの、パチンコ?」と憎まれ口を叩いたり、賽銭でさくらの幸せを祈るといわれ「いやだぁ」という。単なる心の美しいキャラじゃなくなって、ますます魅力が増している。

歌子がきたところに、客が来て、「おじさんだんごある?」というと寅に追い払われて「だんごやじゃねぇか」というシンプルなギャグが妙におかしかった。

さくらさんのキャラ変化その3。歌子に寅がなぜ結婚しないのかと聞かれたところに、さくらさんが「失恋したんじゃないの」と平気でいう。昔はこういう軽口をいえないまじめな人だったのにね。

さくらさんのキャラ変化その4。歌子を駅で見送り、寅がまた来るといっていたなと嬉しそうに言うと、さくらさんが「はぁ」とため息をついて、「ああん、別になんでもない。と手をふる。とてもチャーミング。寅との親愛度がますます増している感じなのだ。

さくらさんのキャラ変化その5。キャラ変化というほどではないが、博に月給が出た際に、後ろ手で「月給」という。「さくら母さん」になりつつあってよい。

というわけで、本作のさくらさんはお茶目でかわいらしいのだ。次の作品では、ほとんど元に戻るので貴重な作品。

寅は(歌子さんが)「今日もこなかったか」と自分で口に出したのにも気がつかない。寅は被害妄想、かつ心の中が言葉に出てしまう精神の病の寸前段階なのだ(笑)。

寅と源ちゃんが、帝釈天の廊下ですべって遊ぶシーン。寅と登と源ちゃんという存在は全て同種で、普通に暮らす家族たちと対照的な存在で、なおかつ世界になくてはならない存在として、このシリーズ全体を通じて位置づけられている。

寅が、家族に馬韓にされて、「こんな悪魔の棲家みてぇなところ」という言葉の使い方が笑える。そこまで言うかと。

二代目の松村達雄おいちゃんは、つまらないダジャレを言って思いきりすへったりしている。「二代目おいちゃんはつらいよ」である。まじめな話、あの強烈な森川信の突然の代役なんで大変だったろう。

さくらさんは、歌子が最初から泊まりに来たのが分かっていたらしい。さすがだ、全然気づかなかったよ(笑)。ちなみに、歌子も寅の部屋に何泊かするのでこれでマドンナでは人目。

博が、歌子を励ますために、寅のおかげてプロポーズできたことを言う。博も寅のおかげだったと認めるシーン。シリーズを感じさせるシーンですね。

寅の失恋は気の毒だが、ここ何作で続いていたちょっと変った失恋シーンでない、分かりやすい定番なのでなぜかホッとする。

失恋して旅に出る寅を慰めるさくらさんは、キャラ変化のないいつも通りのさくらさんである。勿論、そうじゃないと困る。寅が「また失恋したか」と自分で口に出して気づかない「病状」つき。

寅が旅に出で、しばらく経ち、おぱちゃんがかき氷を一心にかくおなじみのシーンもこの作品からか。
posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年02月22日

山田洋次監督「男はつらいよ 寅次郎恋歌」第八作メモ



まだ「寅の夢」は出ず。意外に後まで出てこなかったんだな。その代わりに何度もシリーズに登場する旅役者一座が冒頭とラストに登場。柴又から離れて旅する寅と同種の人たちとの交流が最初と最後にすえられて、寅の本質的なあり方が象徴されて、映画に深みを与える。

座長の吉田義夫がなんとも個性的で、「寅の夢」で海賊船の船長をしていたのが印象的。一座の娘の岡本茉利も、いかにも純真で素直な感じで心に残る。彼女も、シリーズ中色々な端役で登場する。

オープニングで寅が江戸川沿いで騒動をひきおこすパターンが始まる。

さくらさんが登場。相変らずミニ時代だが、足ほそっ。そして、二代目諏訪満男?の中村はやと登場。おいちゃんの森川信が、この作品の後に亡くなるのと入れ替わりになってしまった。

寅を迎えようとして、おいちゃんたちが下手な大芝居を打って寅を怒らせる。寅は、ものすごく感じやすくて基本的に被害妄想気味なのだ。しかし、こんな芝居が出来るのはやっぱり初代おいちゃんだけだった。

おいちゃんの、「さくら、まらくだしてくれ」を、寅にパクられるシーンがある。

さくらさんが、寅の仲間の前で泣いて「かあさんが・・」を歌うシーンは、「男はつらいよ」では珍しくあんまり好きじゃない。倍賞千恵子の美声を聞けるけど、あんなことしたら寅の仲間の谷村昌彦たちがかわいそうじゃないですか。さくらさんらしくないじゃないですか。

寅が写真ほ写す際に「笑ってー」「泣いてー」というのは、あれは渥美清だから笑えるんだな。

博が、父親や兄たちの前で、母親への思いを激白するシーンはいい。そして、兄たちが冷たくて末っ子の博が、本当に母思いなのは小津の「戸田家の兄妹」とちょっと似ている。

おばちゃんが「ひろしさんは、お母さんが好きだったんだねぇ」と言うのが印象的。それを打ておいちゃんも、「お父さん、気の毒な気がするなぁ」というのもいい。寅がりんどうの花の話をするシーンでは、おいちゃん夫婦はボケ役をさせられるが、実は二人ともちゃんとよく分かっているのだ(笑)。

寅が志村喬に買い物に行かせて、酒まで買いに行かせようとするところは笑える。志村喬が買い物籠を持つシーンも珍しいだろうし。でも、そういう気を遣わせないところが志村父も気に入って一人で寂しいところを助かっていると。まだ小津映画で言うと、「東京物語」の原節子の役を渥美清がやっているのだ。

志村喬の「りんどう話」に打たれて、寅が書置きを残して去るが、そこにりんどうが一輪そえられているのがイキ。

池内淳子にあって御前様が振り返る煩悩シーン、他にもこのパターンあって、御前様が「いかんいかん」とか言うのがあった。誰がマドンナだっけ。そして、池内淳子を見たおいちゃんも、寅さんのマドンナ初見シーンとおんなじようになる。この二人は色々競い合うライバルであった。

ついに、寅にマドンナをひきあわすまいと家族たちが画策するパターンに。さくらさんまで一緒になって画策にのっているのがひどいし、おかしい。

寅に言わすと喫茶店は「きっちゃてん」なのだ。コーヒーも「こーしー」だし。

寅がりんどうの話をして、それが博が解説するというおなじみのパターンが多分初めて出てくる。

鐘の音が効果的に使われていておかしい。そして、さくらさんを勘違いするシーンでは騙された。前見たときも騙されたが忘れていた。

寅がマドンナ相手に、ちゃんと喋れなく演技は絶妙。

寅は人妻は愛さない。ということで、寅の部屋に下手な時で「反省」「忍耐」「色即是空」と書かれているのだ。細かいところまでネタが行き届いている。

池内淳子が未亡人だと分かるところで、全員の後姿が映し出され、おばちゃんが脱力して座り込むところ絶妙。たっぷり間をとった演出。寅がゆっくり振り返って、さくらが見せる「困っちゃったなぅあ」の表情も絶品。

おいちゃんとタコ社長が噂話をしていると心に疚しいところがあるので被害妄想する寅のおなじみのパターンはやっぱり笑える。

寅とおいちゃんが、馬鹿馬鹿しいケンカほ続けるが、こういうのは森川信にしか出来ない。本当に八作だけだったのが惜しい。

寅が江戸川の土手で寝そべるシーン。子供たちに給食のコッペパンをもらって食べるシーン。どちらも美しい。

志村喬の大学の専攻はインドの古代哲学とメモ。

さすがのおいちゃんも志村喬には苦戦する。「どこのバカにりんどうの話を吹き込まれた」と分かりやすくボケるのも森川おいちゃんならでは。そして、寅が思いきり懐に入り込んでくるところがいい。満にばぁと無愛想に行って笑わせ、博も嬉しそうなところは、ちょっと泣かせる。

寅と池内淳子の最後のシーンは、「男はつらいよ」史上でもなかなかすごいシーンだ。りんどうを寅がプレゼントして、「りんどうの花って月によくうつるのよ」とキメ細かいせりふが入る。
寅が「あなたのためには腕の一本でも」とかっこよくいい、池内も女として感涙する。寅の一世一代のセリフである。
しかし、話が寅の旅の話になり、池内が足袋の暮らしにあこがれるとロマンティックにいうのに、寅が微妙な表情を見せて、池内が自分の生活の実態が分からない別の世界の人間だなというニュアンスを出すところがいい。池内が、旅の暮らしへの憧れを語れば語るほど、寅が悲しい表情をして、二人のすれ違い感じてしまう、実に繊細なシーンである。「男はつらいよ」では珍しい。そして、寅は黙って去る。
つまり、自分から黙って身をひくのであって、は寅はマドンナに振られて失恋するのではないのだ。



posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年02月21日

山田洋次監督「男はつらいよ 奮闘篇」第七作メモ



寅が女性に惚れるのは、あくまでも美しい花を愛でているのであって、生身の女性との関係性を覚悟しているわけではなく、だからいざ女性側がその気になると寅は狼狽してしまう。寅は徹底的なプラトニストであり、恋に恋する人である。だから、寅が毎回失恋しても、観る者は気持ちよく笑い飛ばすことが出来るのだ。
しかし、この映画は珍しく、あるいは全48作中、実は例外的な寅の恋愛劇だ。花子は穢れなき存在である。そういう意味で、男として稀有なくらい純粋な寅と奇跡的に釣り合う存在なのだ。いつもは美しい花としての女性のまわりを、嬉しそうに飛び回る蜂に過ぎない寅も、花子に対しては人間としての興味関心を示す。それは、普通の男女の愛を超えた、慈悲にも近い純粋な愛である。
だから、寅は花子に対して過保護なくらいまもってやろうとする。タコ社長の女癖を心配するのは勿論として、御前様さえもが「男」として不安をそそる存在なのだ。寺の前の落書きの「スケベ」をみただけで被害妄想的に不安になるのは、寅の愛情の深さの証拠だ。
だから、寅はもはや花子に対しては、単に美しい花を愛でるのではなく、実際に一緒に暮らし結婚して守ることを本気で決意する。恐らく寅が本当に愛せるのは、花子のようなタイプだけなのだ。リリーはどうだといわれるかもしれない。しかし、あの二人は異常に深い魂の親和性を有しながらも、本質的には最後まで男女の関係ではなかったと思う。さくらが、あの二人を「仲のいい友達のようなもの」と言ったように。さらに言えば、寅とさくらという最も人倫的で高潔な関係性を構築するのが可能な「兄妹」の関係性と、寅とリリーの関係はどこかでパラレルだ。
しかし、ここはリリーについして語る場ではない。ともあれ、寅は本気になって花子を愛した。通常の男女の関係とはちょっと違うが、本物の愛であることには間違いない。だから、寅は花子がいなくなって本気で傷つく。そして、それを寅に告げるのは、もはやさくら以外にはありえず、なおかつさくらは寅に「花子は先生と青森に帰った方が幸せだ」とはっきり言わなければならせないのだ。さくらは寅の本気を一番よく知っていて、なおかつ寅がたとえ相手が花子であっても現実の関係性を構築するのが不可能なのも理解しているから。
本作は「男はつらいよ」史上、最も深刻な恋愛ドラマである。

「寅の夢」はなく、寅の語りから始まる。「冬き来たりなば、春遠からじ」、をこんなに美しくいえるのは渥美清くらいだろう。

森川信おいちゃんの渾身の寅さん出迎えシーンがある。寅の物真似も絶妙だし、後ろにいるのに気がつかないフリをする演技も絶品だ。本当に、森川信おいちゃんは、もっと見たかった。

この辺りの作品まで来ると、家族シーンが精緻に練り上げられてくる。寅のおなら騒動も完璧だ。寅がおならをしたのを博に告げるのが、よりによってさくらさんで、「プゥーってぉっきいおならするんだもの」と、倍賞千恵子に言わすサディスティックな山田演出。そして、おいちゃんが「しかも、とびっきりくせえやつだぜ」とかぶせてくるのだ。もう、たまらないですよ。そして、家族の乱闘シーンにまで発展して、それをひきで撮るところで終わる。あくまで原因は寅のおならだけなのである。

柳家小さん (5代目)と犬塚弘が、それぞれいい味出しすぎ。こさんが、落語家らしく一人語りをするが、これを聞いていると渥美清の一人語りのすごさを実感する。

春の桜の季節で、おいちゃんが寝そべって横顔で、さくらがその向こうに居て、その先に桜の庭というシーンが、さりげないが美しい。

寅のサングラスとヒゲの変装はひどいが、榊原るみの花子だけがその変装に気づかずこわがるというオチとはね。うまい。ちなみに、寅が遠くにいるといって近所から赤電話のパターン二回目。

花子が、寅の嫁になろうかなというシーン。寅が本気にするが、花子は遠くで歌っている。残酷だ。花子は、きまぐれで言ったという設定だけれども、寅の名誉のためにぃっておくと「男はつらいよ」シリーズが続かないのであれば、花子が寅を本気で好きになってもおかしくないと思う。

実際のシーンないけど、当然花子も寅の部屋に泊まる。階段をのぼっていくシーンがちらっと映る。マドンナでは三人目。「寅さんクイズ」では、この花このことを忘れそうなので要注意(笑)。

「みどりはことなるものよ、あじなるものよ」を「縁は異なもの味なもの」とすぐ分かる博はえらいよ。

田中邦衛は本当にいい。何もいうことができないくらい完璧です。

寅に花子むが去ったことをいうクライマックス・シーン。言うはずの博が「しりませんか」と、マジメな顔をしておいちゃんにボールを投げて裏切るのが絶妙。

寅が花子を探して庭に出ると桜が散っている。こんな時にピッタリに。美しいシーンである。

こんな深刻なシーンでも、寅は光本幸子がやってくると思いきり愛想をふりまき、家族には怒り交代劇を繰り返す。おかしい。こんなところにまでコメディを入れる山田監督はえらいよ。

さくらが寅を探して東北を旅する一連のシーンはきわめて映画的。東北の景色や言葉が効果的で、なんだかフランス映画の一こまみたいだ。倍賞千恵子も、もともと色が白くてほっそりしていて透明感がある。ちょっと不安げな表情がとてもよく似合う。最後に寅に再開して。怒りながらあきれながらもホッとして笑ってしまう、あの何ともいえないニュアンスがたまらなくよい。映画的な「男はつらいよ」と、役者、倍賞千恵子の素晴らしさを満喫できる。





posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年02月20日

山田洋次監督「男はつらいよ 純情篇」第六作



「寅の夢」はなし。そのかわりに「ふるさとは遠きにありて思うもの」ではじまる寅の語りで始まる。相変らず一人語りの説得力が抜群だ。

寅屋ファミリーが江戸川紹介のテレビに映るという設定。この中でもさくらさんは実に綺麗にとれている、白黒の「男はつらいよ」も、ちょっと見てみたかったか。

寅が赤電話で10円玉を次々に入れて話すおなじみのシーンが多分初登場。今はこういう小道具は使えない。赤色も映画に効果的な色彩だし。

宮本信子に旅館に泊まる金がないと言われて、「きなっ」という寅さんかっこえー。おっとこまえー。いきー。

旅館で宮本信子が自分の体で払おうとするところ、寅はやさしく諌めるが、後年なら純情な寅が一度は慌てふためくところがあったのではないだろうか。でも寅がさくらの話をして宮本信子を慰めるところはやっぱいいい。

森繁久彌は重厚な演技。最期寅が去った後に「あの人は体が悪いんだな、かわいそうに」というところは笑える。

寅が夕方の海辺の岩で後姿で座るところ、かっこえー。

マドンナは若尾文子。おいちゃんも入念に髪の毛をとかして気が若い。社長の言うように「あれは上玉だ」である。だだ、若尾文子はちょっと大女優の貫禄がありすぎて、「男はつらいよ」にはちょっとあわない所もある。あまり色々と活躍しないマドンナで、山田監督も色々遠慮したのかなど余計なことを考えてしまう。ちなみに溝口健二の「祇園囃子」での初々しい若尾が私は好きである。

しかし、改めて見直すとここでの若尾文子も大人の女性の魅力があってなかなか良い。マドンナではちょっと異色だけれども。江戸川を散歩して、寅にさりげなく断ろうとするのも今までのマドンナにないタイプだ。今までは、寅の気持に気づかなかったり、輪他って居ても無頓着だったので、なかなか面白いパターンだ。若尾の魅力をもう少しいかしてもらいたかったが、何となく山田監督好みのマドンナではないのかなという気がしてしまう。

若尾が寅の部屋に下宿するが、これは第四作の栗原小巻に続いて二人目。一体何人が寅の部屋に下宿したんだろう。すぐ思いつくのはリリー。あれは下宿じゃないか。

さくらさんが切れて寅が慌てて追いかけて、寅が「柴又に戻らないと決めても、気持が戻ってきちゃう」といってさくらさんが笑い出すシーンはとってもいい。なんという美しい兄と妹なのだろうか。

博の独立騒動でタコ社長の自宅が映るのが珍しい。奥さんや子供たちまで、絵に描いたような子沢山がおかしい。

寅が突然「恋患い」にかかる。二代目おいちゃんの松村達雄がスケベ医者役で登場。松村達雄はおいちゃんもいいけど、こういうバイプレイヤーでよりいい味を出しますな。

しかし、やっぱり若尾文子は美しいですな。自分が若いときに見た時にはあんまり良さがわからなかったんですけどね。また、声がすごい貫禄だ。

寅とさくらが柴又駅で別れる際に、寅が「故郷ってやつはよう、故郷ってやつはよう・・」で電車が出てしまうが何をいったんでしょうね。まあ、あれは故郷は言葉では表現できないものだということをいいたかったシーンなのでしょう。巧みな山田演出。
posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

2011年02月19日

山田洋次監督「男はつらいよ 望郷篇」第五作メモ



寅の夢は、おいちゃんが死ぬ夢。第二作でもそうだったが、まだこの頃はストーリーの忠実な伏線になるようにマジメにつくっている。

森川信のおうちゃんが、のっけから妙な動きをして暴れている。お得意の「まくら、さくらをとってくれ」も出た。あくまで森川おいちゃんが言うからおかしいのだ。

寅は普段役立たずだが冠婚葬祭だと実に手際がよくて有能である。日常生活とははずれた寅という存在を象徴している。

北海道の親分のところへ行こうとする寅にさくらさんが必死の形相で「かたぎ」で働くように解く。でも、寅はお金をもらったら全然
反省してない。ところが、寅は登にさくらに言われたのと全く同じ文句で説教するのだ。マジメな場面だけど、そういう細工が洒落ていてうまくできている。

今回シリーズを見直していて登という存在がすごく愛おしい。寅に田舎に帰れといわれて、泣くシーンとか。年齢によって色々感じ方に変化が出るのは当然だろうが、一番の発見かもしれない。

寅は、どうしようもない人間で家族も見捨てた親分をただ一人親身になって世話をしようとする。明るくて陽気なマザー・テレサだ。

松山省二の関係する一連の機関車のシーンは素晴らしい。機関車の取り方も、松山が機関室で石炭をくべるシーンも。寅が機関車に乗り込もうとして、「なんだここはあちいな」とか言うのがきいていて、見ていて機関士は大変な仕事だと思うように出来ている。寅が井川比佐志もSLに乗っていたと知って居住まいを正すシーンともうまくつながっている。

このSLのシーン一つとっても、山田洋次監督が撮ると「映画」だなぁと感じる。特に別の監督の前二作を見た後だと。長山藍子との月夜のシーンや、寅が振られて虎屋に夜に戻った際の家族の人たちの映し方など、「映画だ」と感じるシーンが多い。

寅が改心してカタギになろうとして、結局寅がどの仕事もイヤだという寅の語り。風呂屋で女湯で三助をする心配をしてお得意の具体的なディテールが明確な妄想が広がっていくところが絶妙。そして、おいちゃんが「何もそんなところまで考えまくたっていいじゃないか」というツッコミがごもっともです。

さくらが、寅の働き先で本当にオバサン以外誰もいないか心配して、結局長山藍子が登場した際に見せる、「やっぱり、困ったわ」の表情が何とも言えずおかしい。

長山藍子はテレビシリーズ時代の「さくら」である。気取ってなくて明るくて綺麗でという「男はつらいよ」向きのキャラクターで、マドンナとしてもいかにも「男はつらいよ」らしいと感じさせる。と言っても、どういうのがマドンナらしいかなんて結局ないけれども。ちなみに、折角毎回書いているので一応言っておくと、長山藍子も倍賞千恵子もやはりミニ。時代の流行だ。どの辺りの作品まで続いたんだっけ。

長山藍子と杉山とく子二「寅さんも育ちがいいのかもしれないわね」と言われて「じゃあボク寝ます」というところは渥美清の破壊力爆発だ。本当に笑える。しかも、もう一度言う。しつこい(笑)。


長山藍子と寅の月夜のシーンは、本当に「残酷」シーンだ(笑)。素晴らしい。

井川比佐志と長山藍子が結婚することを知って寅の勘違いが判明した際に、源ちゃんのみせる表情がなんともよくて効果的。
そして、翌朝にやっと寅の気持に気づいた長山藍子の表情もとてもよい。

御馴染みの寅が後ろにいるのに気づかず、おばちゃんが振られたんだよバカだねといい、何とか皆が体裁をつくろったところに社長がやってきて無神経なことを言って駄目押しして博に怒られるというおなじみのパターン。本当によくできている。ところで、後ろに寅がいるのに気づかないパターンでは森川信おいちゃんの、とっておきのやつがあったっけ。

そして寅の御馴染みのハガキ。「私こと、思い起こせば恥ずかしきことの数々、今はただ反省の日々を過ごしています。」これ本当にいいですよね。「反省の日々」というのが。でも、毎回反省をわすれちゃってくれるんで48作も続いたのだ。





posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。