2013年12月25日

「奥様は魔女」のクリスマス

現在テレビ東京が「奥様は魔女」を再放送している。懐かしい番組で今までにも地上波、BS、CSで何度も何度も再放送されているがそれでも飽きない。
録画して楽しんでいるのだが、特に忘れがたいのがクリスマスの二つのエピソードである。
 
一つ目は第五シーズンの「聖しこの夜」。
モティマー・インスタントスープ社長のモティマーは、広告契約を結んでいるラリー・テイトとダーリン・スティーブンスにクリスマスにも働く事を強要する。モティマーはなぜかクリスマスを憎んでいる。
ちなみに、モティマー役のCharles Laneは「奥様は魔女」シリーズにも主に頑固な社長役でちょくちょく登場していい味を出している。調べたら他のテレビドラマにも性格俳優としてよく出ていたらしい。それとフランク・キャプラの映画の常連でもあったそうだ。ちょっと思い出せなかったが。
ダーリン役はディック・ヨークの時代。
さて、モティマーのあまりの横暴ぶりにダーリンは仕事をするのを拒否してしまい、モティーマーは広告契約を解除してしまう。
サマンサはモティマーがクリスマスを憎んでいることを気の毒に思い、モティーマーの家に魔女として現れて北極のサンタのところへ彼を連れて行く。
サマンサとモティーマーがほうきにのって夜空をとぶシーンが美しいとともにおかしい。
モティマーはサンタクロースとも出会うが頑なにこれは夢だと言い張って認めない。
その際、スージー人形というアザが出来る世界に一つしかない人形を知る。
サンタクロースが各家を回るのにもつきあわされる。モティーマーの家の使用人のホーキンスの家族が幸せそうにしているのも目撃する。モティマーは「金もないくせに」と言うが、サマンサに「あなたはお金持ちね、でも幸せ?」と問われる。そしてモティーマーは家に戻される。
翌朝、ダーリンとサマンサと娘のタバサがクリスマスを祝っているところにモティマーが現れる。
すっかり頑固な様子が変わって「家にいると寂しくてね」などともらす。ホーキンスにはクリスマス休暇をプレゼントしたと。
「昨晩は寝れなくてね」、そしてサマンサの方を向いて「奥さんもよく寝れなかったんじゃないかね?」
さらにモティマーは「君たちに謝りたい事がある。」とためらいがちに恥ずかしそうに言うが、サマンサもダーリンもすぐ察してラリーも一緒に皆でクリスマスを祝う事になる。
タバサはサンタからスージー人形をプレゼントされていたのだが、それをモティマーが見つけて「これは世界に一つしかない人形なんだよ」「おかしいな、なぜそれを私は知っているのだろう。」
サマンサがそこにやってきて、サマンサの笑顔、モティマーの不審そうな顔、タバサの天使のような顔、モティマー、サマンサ、モティマーが始めてみせる意外に人のいい素晴らしい笑顔、サマンサのとびっきりの笑顔とカメラが細かくきりかわる。まるで、小津映画のように。
クリスマスソングが流れて終わる。

二つ目は第七シーズンの「水玉姉妹」。
ダーリン(ディック・サージェント)とサマンサは、クリスマスに同じラリーの広告会社で働く黒人のケイス夫妻の娘リサを家に招く。タバサとリサは本当の姉妹のように仲良くなる。
ラリーの会社と広告契約を結んでいるブロックウェイ社長がダーリンの家を訪れるとリサが応対に出て、ブロックウェイはダーリンの娘と勘違いして黒人女性と結婚していると思い込む。そしてダーリンを広告の担当から外すように理由は言わずにラリーに命ずる。
あわてたラリーがダーリン家でホームパーティを開いてブロックウェイも招く。ブロックウェイは自分の勘違いに気づいて、ラリーにダーリンを担当に戻すように言う。
その時のラリー・テイトが立派だった。いつもはスポンサーにゴマをすりまくってダーリンを困らせるお調子者で節操のないラリーが威厳のある態度を示す。
「ダーリンの妻が黒人ではないと分かったから仕事に戻せと言うのですか?」
そしてラリーは自分の姿を鏡でみて確認してからブロックウェイにキッパリと言い渡す。「他の代理店を探してください。我々はおります。」
「君はそんなミリオンダラーの顧客を断れるわけがない。」
「あなたより私の方が驚いているんですよ」、とラリー。
そこへサマンサが現れてブロックウェイに魔法をかける。ラリー、サマンサ、ダーリン、それにブロックウェイ自身が黒人に見えるようにしたのだ。驚き茫然自失としてブロックウェイは去る。
翌朝、雪が降りしきるなか、ブロックウェイがダーリン宅を訪れる。彼の肩のコートの上にも雪がかかっている。
ブロックウェイが昨晩の傲慢な調子とは打って変わって「昨晩寝れなくて、ここに来ずにはいられなかったんです。」
そこにはダーリンとケイス夫妻もいる。
(以下、もとの英語版と吹き替えか全然違うので原文の内容を意訳で紹介する。吹き替えでは当たり障りのない内容になっていて残念だ。)
ブロックウェイが一人で真摯な様子で話し続ける。
「どうしても、皆さんに言っておきたい事があるんです。昨晩、ここで変な体験をしたのですが、そのおかげで私は自分自身の姿にやっと気づいたんです。私は人種差別主義者だったんです。いや、あからさまなタイプのレイシストじゃない。私はもっと卑劣で卑怯な差別主義者でした。あまりに卑劣すぎて自分でも気づいていなかったんです。」
それだけ言ってブロックウェイは去ろうとする。そこへサマンサがすかさず「お食事は?Before dinner?」
ここはちょっと泣いてしまう。絶妙のタイミングと言い方でエリザベス・モンゴメリーのサマンサが言うので。
皆がブロックウェイのことを許して、ブロックウェイも感激する。
サマンサとダーリンがキスするシーンをカメラアングルが変わって映し出し、雪とクリスマスソングで終わる。

どちらも、本当に素晴らしい話なのだ。特に「水玉姉妹」の方。難しい差別の問題を絶妙なユーモアにくるんで、なおかつ率直に真面目に見せてくれる。まだ人種差別が深刻な時代のテレビドラマなのだが、同時にあの時代のアメリカ特有の楽天的な良心も垣間見える。
そして、何よりも抜群のユーモアのセンスだと思うのは、キリスト教においては本来呪われた存在であるはずの「魔女」witchが、クリスマスで良心を祝う存在の役割を果している事。サンタクロースとも友達だったりするのだ。
もしかしたらこういう楽天性に疑問を持つ人もいるかもしれない。でも、私はこういうフランク・キャプラ的な若いアメリカの楽観的な肯定主義が好きである。もはや、アメリカには―いや世界のどこを見ても―こんな余裕はないので。
現実の厳しさをみつめつつの美しいある夢なのだと思う。
だから「奥様は魔女」はいつまでたっても色あせないのだ、多分。
posted by rukert | テレビ

2008年04月07日

M1/2007をDVDで観た

毎年M1は見ているのだが、今年は録画するのも忘れた。今頃になってDVDで鑑賞。やはり面白かった。こういうのは、それで終わりにして余計なことなど言うべきではないのはよく分かっているつもりだ。例えば、プロの将棋をシロウトが批評しても意味がないように、お笑いのプロの芸をシロウトが偉そうに批評するという行為は、無意味であるばかりか、何か醜いところがある。それは分かっているのだけれど、それでも何か書きたくなるくらい面白かった。あくまで、ドシロウトの素朴な感想なので、読み流していただきたい。
ということで、出演者について、自分なりに勝手に私的な順位をつけて、それぞれにテキトーなコメントを。

1サンドウィッチマン
このコンビの優勝は文句なし。私は、どちらかというとプロとしての芸の高さというより、何か変なもの面白いものを見たいという欲求のほうが強い。だから、プロの審査員が高く評価していた、トータルテンポスとかキングコングは、実にうまいなあと思いながらも、ネタとしてはそれほど斬新とか言う感じじゃないよなあとか思ってしまう。その点、このコンビは、芸としても素人が見てもムチャクチャうまくて、徹底した訓練の跡が見られるだけでなく、ネタとしても普通じゃない感覚的面白さがあるのだ。特に血液型のくだりとか、ピンカラ兄弟についての一人ボケツッコミとかは、おかしくて仕方なかった。でも、決勝よりも街頭インタビューのネタが、はるかに面白かったけどね。

2ハリセンボン
強烈キャラだけど、感覚とか細かい言葉の使い方のセンスとか、メチャクチャ面白くて腹を抱えてしまう。大体「天狗を見た」って言っただけでキャラに合いすぎていておかしいのに、その突っ込みの、言葉の使い方とか、言葉のきり方とか、リズムとか、もう最高です。イロモン扱いしちゃかわいそうで、本当に面白いコンビだと思う。上沼さんの、捨て台詞的ネタコメントにも感心。やっぱり、現場で長年やっている人のウデは違う。

3千鳥
このコンビは、登場当初から個人的にはすごく好みである。本当に変な感覚の面白さで、なんというか、自己妄想をどんどん拡げていって、それをそのまま人前に出してしまったようなヘンテコな感覚が素晴らしい。こういう、芸としての順位をつける大会では不利だと思うけど、別に優勝しなくてもいいと思う。完全に独自の世界を突っ走って欲しい。

4ダイアン
基本的に、ハイテンション漫才が主流なので、こういう変な味のコンビは大好きである。やはり、こういう生大会だと、少し不利なキャラだと思うけど。ミニ浜田のような突っ込みも最高で、ハンガーの例えに逆上して、「うまいこというな」と突っ込むところは、腹を抱えた。

5ザブングル
顔芸といわれようとなんといわれようと、理屈ぬきで面白いっすよ。あの顔を生かしてやるのも芸のうちなのだから、そのことをどうこう言うのがおかしいのだ。とにかく、メチャクチャ笑わせてもらいました。

あとは、順位などもともとはっきりつけられないので、適当に。
笑い飯は、今回のネタは不発気味だったか。ガキの使いで見た、赤頭巾の紙芝居とかは、笑い飯ワールドでもう最高だったんですけどね。今後も毎年でて、最高のネタで文句を言わせず、優勝してください。トータステンポスとキングコングについては、既に述べたように、本当にうまいなあと思います。あくまで個人的な趣味として、もっと変な笑いが好きなだけです。ポイズンは、M1向きじゃないのに、毎年のように決勝に出てくるのを見ると、予選ではもっといい感じを出しているのだろうか。明らかに、密室でマニアを相手に長時間やらすと実力を発揮しそうで、舞台にあってないのが気の毒である。

しかし、サンドウィッチマンのように、毎回必ずいいコンビがでてきますね。特に、ここ数年の優勝者は、どれも文句なく面白いと思いました。
posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ

2007年10月05日

刑事コロンボ 忘れられたスター

(思いっきりネタバレで書くので、悪しからず。)

ゲスト・スターは、ジャネット・リー。ヒッチコックの「サイコ」が有名だが、なぜかナポレオン・ソロの映画版にも出ていたのも妙に印象的、と淀川長治調ではじめてみた。
コロンボの中では異色作である。殺人推理ドラマではなく、完全に「映画」だ。以前見たときも、すごくよかった記憶があるのだが、こうして改めてみるとあまりに出来がいいので驚いた。「好きな映画100本」に加えたいくらいだ。
若き日にミュージカル・ムービースターとして一世を風靡した女優が、老いてから再デビューを目指す。しかし、夫がスポンサーになるのを拒否して、自殺に偽装して殺めてしまう。コロンボは、例によって名推理で、真犯人が彼女だと気づく。
そして、彼女の自宅に昔の映画の映写会に招かれた際に、彼女を逮捕しようとする。その場には、彼女の、若き日のパートナーでもあり、ずっと彼女にひそかに思いを寄せ続けていた有名男優も同席する。コロンボが珍しくタキシードの正装で登場し、彼女のいないところで、男優に彼女が真犯人である根拠を説明して、男優も納得する。
ただ、実は彼女は脳腫瘍をわずらっていて、夫もそれを知っていて、仕事をすると危険なためとめていたのだ。その愛情を知らずに彼女が殺人を犯したことを知って男優は絶句する。しかも、病気の付随症状として、記憶喪失症が起こっていて、彼女自身殺人を犯したことを忘れてしまっている可能性が高い。なおかつ余命は長くて二ヶ月である。
それでも、コロンボは彼女に事情を説明しようとするが、その場でとっさに男優が良人を殺したのだと嘘の自白をする。彼女は、勿論全て忘れてしまっていて驚く。コロンボは、彼女のいないところで、男優に「あなたの自白などすぐひっくり返されますよ」と告げる。男優は答える、「分かっている。しかし、少なくとも二ヶ月は持ちこたえてみせる。」コロンボもなんともいえない表情をして「そう・・、それがいい」と返す。最後は、彼女が、映画中の若き日の自分を、恍惚とした表情で見つめるシーンで終わる。
抜群に良く出来た脚本である。また、ジャネット・リーの演技がいいのだ。年老いて容貌も変わったが、今なお十分に魅力的で、かつての栄光が忘れられない女優になりきっている。彼女を心底愛している感じを出している老いた男優もいい。そこら辺の微妙な心模様が、若い時にはそれほど分からなかったのだが、ある程度年取って見ると、実に痛いくらいによく理解できて感情移入できるのだ。正直に言うが、最後の方のシーンでは、涙が止まらなくなった(笑)。
歳をとった女優の、美しくさ、気高さ、純真さ、子供っぽさ、わがままさ、エゴの強さ、あわれさというのは、男の深層心理に訴えかけてやまない何かがある。男にとっては、一種の「オンナ」に対する屈折した理想イメージのひとつなのだ。ユング的な強烈な女性の一元型だと思うし、だからこれだけ心揺さぶられるものがあるのだと思う。
ジャネット・リーは、役者としては「サイコ」などより、はるかにこの作品がいいと思う。バーグマンが、かつてとは変わり果てた姿で、といっても十分に美しいまま、ベルイマンの「秋のソナタ」に出ていたのも想起する。あの映画でのバーグマンも、やはり本物の女優としては、かつての「美しき」バーグマンより全然良かったと思う。
若き日の映画のテーマ・ミュージックとして使われる「walking my baby」の、どうしようもない明るさが効果的すぎる。
posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ

2007年07月02日

Jun 18 刑事コロンボ 断たれた音 ホリスター将軍のコレクション

スカパーのスーパードラマチャンネルで放映中。最近、スカパーの選択チャンネルセットに加入していて、囲碁将棋チャンネルをお休みちゅうなのは、ココだけの秘密だ。

しかし、久しぶりに見るコロンボ、本当にスリリングだ。完全にハマリつつある。ヴェムダースの「ベルリン天使の詩」では、ピーター・フォーク本人、兼天使として出ている。このコロンボで見せる抜群の表情を見ると、本当に「天使」なんじゃないかと思ってしまうよ。映画中で、一般の人間と少し話をして、「さようなら、ルーテナント」とさりげなくいわれるシーン、忘れられません。

断たれた音は、チェスが題材。コロンボの駄犬が登場するくすぐりがある一方で、最後のチェスの多面指しの場面で追い詰めていくシーンとの落差。たまらない。

ホリスター将軍のほうも、最後の記念展示場のシーンの、あの追い詰め方の迫力。それとは対比的な、ヨットをものすごく飛ばされるのに無理やり同乗させられるシーンのコロンボの表情といったら・・。

ホリスター「コロンボといえば、コロンブスの子孫ではないのかね。これしきのことでダラシない。」

コロンボ「多分劣性遺伝なんでしょう。」

昔見たとき、こんなに笑えたかなあ。

posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。