2007年07月02日

茂木健一郎「脳と仮想」雑感

茂木さんに興味を持ったので、新潮文庫で読んでみた。面白い。言うまでもなく、茂木氏は、私などと比べることも不可能なレベルの人である。だから、とやかく言うのは本来避けるべきなのだが、あまりに自分の関心と重なる部分があり、それが微妙にずれているのでインネンをつけてみる。

茂木氏が、様々な例をとりながら述べていることはただひとつである。科学的、合理的な世界観、因果性で説明できる物質世界がある一方で、人間には自分の心を個人的に働かせることで成り立つ「仮想」の世界が存在する。それは、科学的世界観の説明からは、抜け落ちる部分であり、個人の心のクオリア(質感)によって異なり、個人の心の志向性で成り立つ主観的な世界である。現代では、そういう世界は軽視されがちだが、実際に生きるためには不可欠であり、無限の豊かなイメージをはらむ、そうした「仮想」の世界を見直すべきではないのか。

そうしたテーマを、小林秀雄、夏目漱石、ワグナー、キアロスタミ、柳田國男、といった魅力的な素材をふんだんに織り込みながら論じていて飽きさせない。

ただ、その「二つの世界」の関係性の根本について、「やはり脳科学者だ」と思わずにはいられない箇所がある。引用する。

「人間が体験することは、全て、脳の中の一千億のニューロン活動によって引き起こされる「脳内現象」だということである。」

「「近代科学の明らかにしてきた、局所的因果律に基づく世界観は、恐らく揺らぐことはない。」

どうも反論などできそうにない。しかしあえて「本当なの?」といいたくなってしまう。最初に断っておくが、私はオカルティストでもなんでもない。

現代科学によって、脳の働きは飛躍的に解明されている。その科学的成果を否定するのは単なる愚か者だろう。しかし、どんなに解明が進んでも必ず「残る」部分が存在する。この問題については、昔読んだある本(題名すら忘れた)で私の中では解決済みである。

脳の働きをどんなに科学的に解明していっても、それを認識する存在がどうしても必要になってくる。科学的過程だけが自立的に存在しているのでなく、それを「観察する存在」がどうしても必要だ。その部分だけは、どうしても科学的な記述を逃れてしまう。その「X部分」を度外視して、全てを脳の働きで科学的に説明することは不可能である。

わかりよすぎる話だが、私はこれですっかり安心してしまっているのだ。だから「全てが脳内現象」というのは「本当なのかな」と思ってしまう。もっとも、茂木氏もデカルトを例にとって、この問題を論じているので、私の理解が不十分なのに過ぎないかもしれないが。言うまでもなく「唯脳論」などというたわごとは、私はこれっぽっちも信じちゃいない。

柳田邦雄の「遠野物語」の話が出でくる。「幽霊」や「ザシキワラシ」の話である。「仮想」の観点から茂木氏は切りこんでいる。この問題は吉本隆明が「共同幻想論」で「共同幻想」という独自の概念で論じていた。吉本の見方は、あくまでそうした「幻想」として説明できるという立場だ。茂木の「仮想」も、基本的にはイメージの世界であって、その実在性などそのまま信じてはいない。私は、その両者にも不満なのだ。もう一度言うが、私はオカルティストではない。

小林秀雄の講演テープを茂木氏は絶賛している。実は、私もその講演の大ファンなのだ。恐らく茂木氏よりも早く聞いているみたいなのが自慢だ。茂木氏の指摘通り「志ん生」なのである。文章から受ける印象とは全く違う。どうして、こういう風に書いてくれなかったのかと思ったものだ。但し、その見方もその新鮮さが薄れるにつれて、やはり小林は文章のほうが優れていると今では思っている。小林の文章は骨っぽいが、実は全然退屈でないことに気づきだしつつあるので。そのことに少し読んだだけでは気づかないだけだ。やはり、パロールよりもエクリチュールが優位なのである。

茂木氏もふれているのだが、いきなりユリ・ゲラーの話がでてくる。茂木氏は、違和感を感じながらも「仮想」の観点から受容するという立場だ。はっきり「超能力など存在しない」と、茂木氏は言い切っている。

小林は「あんなことは不思議でもなんでもない」と、講演中で言っている。それを、「不思議なことは他にもいくらでもある」と言っているので、もともと超能力など重視していない、という読み方を茂木氏はしている。しかし、私はアレを聞いて「ああいうものが『存在するのは』当たり前だ」しかし、「他にも不思議なことはいくらでもある」と聞いた。私が、小林の講演が好きになった根本理由に関わるのである。しつこいようだが、私はオカルティストではない。しかし、あの程度のことは「当たり前」出し、別に「超能力」というほどのこともないと思う。「局所的因果律」の絶対性が、私は(恐らく小林も)信じられないだけである。

中沢新一が解説を書いている。正直、どう見るかにとても興味があった。しかし、随分無難な見方にとどめている。無論「脳内現象」信奉者だから、茂木がつまらないなどというのは、きわめて皮相な見方である。だから、中沢のように、茂木氏の刺激的な論考を、ポジィティブに受け止めて、楽しめばいいだけかもしれない。

「仮想」を重視するのはいいが、「合理的世界観」「脳内現象」と、根本的なところで、どう折り合いをつけているのかがやはり気になってしまったのだ。その答えを探して、しばらく、茂木氏の本ばかり読む羽目になるかもしれない。

posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 書評
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46468145

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。