2013年03月16日

木下惠介「肖像」

スカパーの衛星劇場で木下惠介生誕百周年を記念して、木下映画が放映されている。
この「肖像」は1948年の作品で井川邦子主演。
井川邦子が最初に登場するシーンが、いかにも気が強くて我が儘な女らしくておかしい。私はこの人を同じ木下の「カルメン故郷に帰る」や「二十四の瞳」くらいでしか知らず、こんな役もするのは知らなかった。全編を通じて難しい役を熱演している。
ちなみに、この人の「カルメン」での感じがとてもよくて顔も好きで、ちょっとこの映画にも出ている三宅邦子に似ているかなと思った。しかし、この映画ではもう少しふっくらしていてかなり感じが違うし、三宅との二人のシーンも最後の方であるのだが、やはり全然似てなかった。
映画自体は、菅井一郎演じる純粋な魂の画家に、井川が肖像画を描いてもらう事で、真の自己に目覚めるというストーリー。この映画の脚本は黒澤明が担当している。理想主義的で、少し甘いくらいある種メルヘンティックなところがあるのは、黒澤の「醜聞」とも通じ合うものがあると感じた。
菅井をはじめとする善意の画家一家は、多少現実離れしているのだが、木下の演出が巧みで不自然さを感じない。やはり大変な監督である。
例えば、井川が偽のお嬢さんを演じるのに堪えきれなくなって、もう肖像画なんかやめよう言いに行こうとしたら、菅井が商業的な絵本を書かされることに激昂して編集者と衝突して仕事をなくすのを見て、井川が気を取り直して着物をきる。それを全て見ていた小沢栄太郎がポツリと「おめぇも優しいところがあるんだな。」と言い、井川が「そんなんじゃないわ。」と返す演出などは実にうまい。
小沢栄太郎と藤原釜足が悪徳不動産屋ながら、根は善人という役柄を巧妙に演じている。
全体にストーリー自体は冷静に考えるとすこし現実とはかけ離れて無理があるのだけれども、木下の演出や役者の巧さによって、どんどん映画の世界に引きずり込まれてゆく。
最後の方で、井川が酔って自ら妾であることを三宅に告白し肖像画を破ろうとするところで、三宅が「もしあたしがあなたなら、この肖像画をこわすよりも、自分自身にナイフを突き刺すわ。」と言う。そして井川も身を立て直す事を決意するのだが、この辺は黒澤らしい脚本である。たとえば「酔いどれ天使」で彼はヤクザを徹底的に否定していた。
ただ、個人的にはこのように妾という存在をただ単純に否定してしまうのは少々違和感を感じる。
そして、井川邦子が同じ妾の境遇の友達の三浦光子と語り合うシーンが何度も挿入されるが、そこには妾という存在を簡単に否定しない視点がきちんと示されている。
勿論、黒澤がそういう脚本を書いたのだろうが、むしろこの二人の妾に対する優しい視線は木下の演出から感じられる。多分、脚本の黒澤と演出の木下の間には、微妙な世界観の齟齬があって、それがこの二人の妾のシーンによく出ているのではないかと感じた。
とにかく、木下演出と魅力的な役者陣のおかげで、私などは最初の方からすっかりハマッて最後まで見続けてしまった。映画の力である。
これからも、まだまだ木下映画をたくさん見たいと思った。実はスカパーを録画だけしてあって、ほとんどまだ観ていないのだ。
posted by rukert | 映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。