2012年09月15日

黒澤明「續姿三四郎」



「姿三四郎」がヒットしたために続編が作られる事になったが、黒澤は乗り気でなかったそうである。
しかし、第一作からたった二年しか経っていないのにもかかわらず、演出方法が大変大胆になっていて面白い。第一作はわりと普通の武術映画だったが、こちらでは随所にユーモアが散りばめられている。
黒澤も無理矢理つくらされただけに、好きなようにつくろうと思ったのだろうか。見ようによっては、ほとんどコメディ映画だ。まるで、黒澤自身が「姿三四郎」のパロディを撮ったのかのように。黒澤映画の中でも隠れた名品だと思う。
但し、決して黒澤は映画をテキトーにつくったのでなく、WOWOW解説によると、最後の雪山の決闘シーンは、志賀高原で役者、スタッフが毎日山道を三時間歩いて撮影したそうである。まさしく命がけだ。
ここでは、藤田のあの何とも言えない笑顔を、完全にトレードマークにして何度も何度も用いているそして、最後の決闘の後のシーンでも重要なモチーフにしている。また、その笑顔が何とも言えず人がいいのだ。
月形龍之介(檜垣鉄心)と河野秋武(檜垣源三郎)のコンビも、かなり突飛なキャラクターで少し漫画チックである。
例えば、藤田が道場で禁則を破って酒を飲んでいるところに、大河内がやってきて、酒瓶に対して柔道の技を次々にかけて藤田をヤキモキさせておいて、さて寝るかと見てみぬふれをするところ。石田鉱(左文字大三郎)が柔道に入門してから、時系列の彼の絵を編集で重ねて次々に写してその成長を表現するところ。
月形龍之介が一人二役で、前作で姿に負けた檜垣源之助も演じているのだが、すっかり人が変わって改心して姿三四郎としみじみ語り合う。ここら辺も後年の黒澤流ヒューマニズムの走りである。
そして、その檜垣源之助を姿三四郎が人力車で送ろうとするところに、桧垣がかつて愛し今は姿と微妙な仲の轟夕起子が偶然通りかかって、三人の視線がバチバチと交錯するところ。あまりに劇的で同時にちょっと笑ってしまう黒澤的演出である。
そして、姿三四郎がボクシングのアメリカ人を倒すシーン。アメリカ人の聴衆も日本人の聴衆も、ついでに音楽隊のメンバーもかたまってしまうシーンは完全に意識して撮ったコメディだ。菅井一郎が実にいい味を出していた。小津の「麦秋」とは全然違う演技で、芸域の広い人である。
細かいところだが、アメリカ人のレフェリーが姿の手をあげて勝利者宣言しようとするところで、姿が意味が分からずに抵抗するところもおかしかった。
高堂国典の和尚と姿が夜中に座禅するところもおかしい。特に映画後半は名演出の連続で、真面目なシーンの中に常にユーモアもしのびこませていた。
藤田進と轟夕起子が決闘前に会うシーンで、藤田が何度も振り向いて、そのたびに轟がお辞儀する撮り方も面白かった。
藤田と同門で、森雅之や宮口精二もチョイ役で登場している。森はあの声と喋り方だけはこの頃から全く変わらない。
月形龍之介と河野秋武が、最後に「負けた」「負けた」と笑顔を見せるところもよかった。河野秋武は「わが青春に悔いなし」の卑劣な男が忘れられないが、キャラの強い人である。
黒澤がかなり自由に大胆に好きなように演出していて、なかなかこれだけのものは後年の黒澤映画でも見られないと思う。
posted by rukert | 映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。