2011年11月14日

ブロムシュテットのこと

monogusablog / monogusablog
去年のN響アワーだったか、ブロムシュテットのシューベルト「グレート」をたまたま観たのだけれど、これがとんでもなく素晴らしかった。録画もしなかったし一度聴いたきりなのだけれども、早めのテンポで疾走するグレートで、この曲独特の躍動感と愉悦を存分に表現していた。N響もノリノリの名演。 at 11/14 03:19
monogusablog / monogusablog
楽章の合間にブロムシュテットのインタビューが流れたのだけれども、テーマを口ずさみながら楽しそうにグレートの魅力を語っていた。ブロムシュテットは昔からよくN響に来ていて細かい折り目正しい繊細な音楽をやっていた記憶はあるが、個人的には音楽全体のスケールに物足りなさを感じたりしていた。 at 11/14 03:22
monogusablog / monogusablog
単に私に聴く耳がなかったのだろう。ところが、そのグレートは軽快ながらも実に堂々とした深い音楽になっていて驚いたのである。ブロムシュテットは現在84歳だそうである。かつての細かさがむしろ音楽にメリハリを持たせて堂々たる巨匠の音楽になっている。 at 11/14 03:26
monogusablog / monogusablog
ギュンター・ヴァントが若い日は細部に行き届いてはいるがスケールに欠ける演奏をしていたのが、晩年大化けしたのと似ているのかもしれない。生真面目な音楽から何かが溶け出して滔々とした深い響きを生む。しかしそれが老年特有の重さにならずに、むしろ若々しく少年に戻った溌剌さなのだ。 at 11/14 03:28
monogusablog / monogusablog
それでいて、もともとの音楽のつくりの繊細さが最大限にブラスに働いて実に豊かな美しい響きをオケから引き出すことに成功している。最近見た、ラフマニノフピアノ協奏曲三番とチャイコ5番の「名曲」コンサートでも涎のたれそうな瑞々しくて美しい音を通俗名曲から見つけ出していた。 at 11/14 03:32
monogusablog / monogusablog
チャイコ5番の2楽章も実に美しかったのだが、会心の出来だったのか楽章が終わると、聴衆に見えないようにコッソリ左手でガッツポーズをしていた。なんとも可愛らしくて憎めないお爺ちゃんぶりである。 at 11/14 03:36
monogusablog / monogusablog
もともと持っていた無邪気な純真が歳をとってそのまま表面に噴出してきたかのような素敵な歳の取り方だ。動画で最近N響と共演した、ベートーヴェン英雄、皇帝、マーラー第九など聴いてみたが基本的にどれも同じことが言える。不感症の美女のようなところもあるN響も、精一杯の熱演でこたえているのだ at 11/14 03:38
posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。