2011年02月18日

森崎東監督「男はつらいよ フーテンの寅」第三作メモ



山田洋次は脚本にまわり、監督は森崎東。演出が、コメディ部分でもシリアス部分でもちょっと大袈裟でやりすぎていると感じる。改めてさりげない山田演出を再認識させられる。

寅の帰還では、近所の公衆電話から電話するというネタ。そして、帰って来てもおいちゃんと電話で会話するボケは、森川信おいちゃんだから成立するのだ。渥美清と森川信だけは何をしても許せちゃう。

「寅のアリア」っぽいのは、寅が嫁さんの条件を語るところ。ディテールにこだわる寅独特の妄想力と渥美清の卓越した一人語り能力は、やっぱりすごい。

この時期は、すごい短スパンで次々にシリーズをとっていて、さくらさんはほとんど登場しない。寅が去った後に、やっぱり優しい
言葉をかけているが。その代わりというわけではないが、博が寅をぶんなぐったりしていて若い。後年では考えられない図式で、やはりシリーズ初期を感じさせるところ。

寅は一度飛び出して、マドンナとのエピソードのために戻ってくるいつものパターンではなく、旅行先のロケで終わる。逆に寅に「会う」ためにおいちゃん夫婦が旅館に旅行したりしている。

新珠三千代はものすごくシリアスなタイプの女優なので、歴代マドンナの中でも異色な感じかもしれない。監督の演出もあるのだろうが。

第一作では、寅が博に「女を目で口説く方法」を伝授していたが、ここでは「手を握って口説く方法」を、河原崎建三に伝授している。コタツのシーンはベタすぎておもろい。

寅が、若い二人をとりもつシーンは素直にいいと思う。父親の花澤徳衛に、同業の口上をイキにやるところもいい。

旅先なので、寅が失恋したところをさくらさんが慰めるシーンがない。やはりあれはシリーズでは絶対欠かせないと再確認させられる。
posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。