2011年01月28日

小津安二郎 「浮草」雑感



小津と宮川一夫NHKが唯一組んだ作品。BSで宮川一夫ドキュメンタリー番組でも、この映画のことを取り上げていた。
宮川は少年時代に、陽が射す縁側に置いてあった金魚鉢に薄墨を流し込んだ際にきらめいた金魚の色彩が忘れられなかったそうである。そういう原体験があり、赤へのこだわりがあり、同じく赤が好きな小津と出会う。この「浮草」では、ほとんどあらゆるシーンに赤が組み込まれている。何度も映って印象的なのは、杉村春子宅の庭に咲き誇る赤い花だろう。
また、小津映画には少ない激しい雨のシーンは宮川の影響ともいえる。中村鴈治郎と京マチ子が、激しい雨の中で向かいあう軒先で激しく言い合うシーン。確かに、美しい映画的な場面なのだけれども、なんとなく小津的ではない。静的形式感の小津映画に、溝口のドラマティックな要素が、宮川を通じてながしこまれたということなのだろうか。
さらに、若尾文子と川口浩が逢引するシーンで、川口の顔が暗く隠れるのも小津映画では珍しいそうである。確かに妙に暗示するような映し方などしない小津映画では珍しい。
全て私は、「浮草」を見返してから、宮川のドキュメンタリーをまた見てみたのだが、確かにこの二つのシーンとも、とても印象的であると同時に小津的でない違和感も感じたのだ。特に後期の小津は、常に静的な絶妙な均衡が画面を常に支配しているのだが、そこに宮川が亀裂をもたらして動的な緊張をもたらしているとでもいうか。この「浮草」は、後期小津には少し珍しい「ドラマ」なので、宮川カメラがあっていたのかもしれない。
きわめつけは、冒頭あたりで旅一座が、チラシを配るために町をねり歩くシーン。はっきり俯瞰カメラである。これは、ローアングルの小津映画ではほとんど唯一だそうである。さらに、笠智衆が楽屋を訪れるために道を歩いてくるシーンも俯瞰気味で珍しいとのこと。
それと、余計なことだが、宮川は女優を美しく映すことでも定評があり、それはやや上からのアングルであごの線がはっきりするからだという。私は、小津映画と成瀬映画を見ていて、どうも成瀬映画の方が女優がきれいに撮れていると感じていたのだが、小津のローアングルもそう感じる理由の一つなのかもしれない。
映画自体は素直にとてもよい。ラスト近くの中村鴈治郎、杉村春子、若尾文子、川口浩のシーンで不覚にも号泣してしまった。普通によく描けている。だいたい、後期小津で「泣く」映画など基本的にありえないのだが、後期にこういう作品が残っているのも、なんとなく嬉しい。
中村鴈治郎と杉村春子のからみなども、二人とも実にうまい。杉村も抑制気味の演技の中に全てを表現していて見事だ。後期小津のホームドラマではなくて、旅一座の人間の物語なので、役者も自由に演技したり表現したりする余地のある作品になったのかもしれない。
そして、京マチ子も若尾文子も普通に美しい。女優が「女優」であった古きよき時代である。
posted by rukert | Comment(1) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
お邪魔します。
後期小津作品の中で異彩を放つ作品でしたね。
そのくだりを興味深く拝見しました。
ボクも今作のレビューを書いておりますので、
何卒、トラックバックさせてくださいませ。
Posted by マーク:レスター
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/182905412
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。