2009年03月06日

小林秀雄と正宗白鳥の論争―思想と実生活をめぐって

小林秀雄と正宗白鳥の思想と実生活とをめぐっての論争は、やはり面白い。関連するのは以下の三篇である。残念ながら、私は正宗白鳥側の文章を読んでいない。
「作家の顔」
「思想と実生活」
「文学者の思想と実生活」
発端になったのは、次の正宗の文章である。
廿五年前、トルストイが家出して、田舎の停車場で病死した報道が日本に伝わったとき、人生に対する抽象的煩悶に堪えず、救済を求めるために旅に上がったという表面的事実を、日本の文壇人はそのままに信じて、甘ったれた感動を起こしたりしたのだが、実際は細君を怖がって逃げたのであった。人生救済の本家のように世界の識者に信頼されていたトルストイが、山の神を恐れ、世を恐れ、おどおどと家を抜け出て、孤往独遇の旅に出て、ついに野垂れ死にした径路を日記で熟読すると、悲愴でもあり滑稽でもあり、人生の真相を鏡にかけてみるごとくである。ああ、我らが敬愛するトルストイ翁!
これに小林は反発して、そういう実生活の煩悶などより大切なのはトルストイの思想の極限的な姿であり、そこに実生活の真相を暴露的に見て取るのは悪趣味に過ぎないと。
二人は、その後も何度も文章でやりあったが、結局すれ違っていて、小林は自らの考えを詳しく説明しなおしているだけである。ドストエフスキーの人間とも関連させたその主張も大変興味深いのだが、具体的には実際に本文に当たっていただきたい。
むしろ、私が興味を引かれるのは、正宗私的な日本的なものの見方についてである。小林も、具体的に次のように説明している。
僕がこの問題で発言の機を捕えたのは、トルストイの家出の原因は、思想的煩悶にはなく、実際は細君のヒステリーにあり、そこに人生の真相を見る伝々の正宗氏の文章を読んで、長年リアリズム文学によって鍛えられた正宗氏の抜きがたいものの考え方とか考え方が現れていると思い、それに反抗したい気持ちを覚えたからである。僕はその気持ちを率直に書いたのであった。
これはとてもよく分かる。トルストイのように本物の天才に凡人性を嗅ぎつけて引き摺りおろし、それが人生だとうそぶく態度。現代とは縁もゆかりもない私小説作家の正宗のみならず、日本人一般に現在まで通低して生き続けている感受性なのではないだろうか。
「思想」というものには常に偽者くささが付きまとう。それに安直に騙されてしまわずに、具体的な裏づけを求めようとするのは、ある意味良いことではある。偽者の思想に夢のように酔いしれているよりはマシだ。しかし、日本的感受性の場合、それだけにとどまらず、本物の思想を生きようとした天才も、全て実生活の事情に引き摺り下ろさないと気がすまないところがある。要するに、自分たちの凡人性から逸脱するものが不愉快で我慢がならず、なんとしても自分たち凡人の側にまで足を引っ張らずにはいられないのだ。
その根底には、自分たちの生きる生活、習慣、習俗への、ほとんど盲目的ともいえる従属姿勢がある。単に貧しい現実に無意識に迎合しているだけなのに、そこから外れようとする人間を子供っぽいとして嘲笑し、自らを世の中のことを知り尽くした大人だと考えて得々としているのだ。
そういう人間たちが致命的に見落としているのは、自分たちが安住する現実が相対性な「正しさ」を持つだけに過ぎず、すこしも本当は「現実的」な現実などではないということである。無邪気な現実肯定と、自分が理解できないものらに対する意地の悪い蔑視に、自分たちでは全く気付いていない。
正宗白鳥は、かなり正直にそういう感性を告白しているのだと思う。しかし、現代日本においてもミニ正宗が実は嫌というほど蔓延しているのだ。それは、単純な「実生活信仰者」には限らない。それこそ、「思想」の分野でも、冷静な分析を装いながら、他とは違う特異な思想を押しつぶそうとする残酷な力が常に働く。本人は「思想」を冷静に判断しているつもりだろうが、実は思想とは関係ないレベルでの通俗的実感信仰の力が働いているのである。芸術の世界でもスポーツの世界でも、どの世界でもそうだ。何か特別な才能を持つものが、自由にその才能を伸ばすのをことごとく妨害しようとする分厚いどす黒いオーラの雲に日本の精神風土は包み込まれているのである。
小林は「思想と実生活」という観点から論じていたが、別の観点からすれば「個と集団」の問題でもあると思う。日本人の個は常に集団と入り混じった中途半端な個なのである。それだけ柔軟な構造をしている個だが、本物の個はきわめて生まれがたい。長所もあれば短所もあるという問題だが、少なくとも現代においては、圧倒的に短所の面が大きい状態になってしまっているように感じる。
posted by rukert | Comment(4) | TrackBack(0) | 小林秀雄
この記事へのコメント
正宗さんについて何もわかっておられないのではないですか。ミネルヴァ書房から出ている正宗さんの評伝をお読みになれば、単に偉人を凡人と同じ所に引きずりおろして満足しているのではなく、理想主義者の小林さんより正宗さんの言っていることのほうが正しいのだとお分かりになるでしょう。
Posted by 読書子
晩年の正宗白鳥と小林秀雄の対談は読まれたことありますか?
要点は以下の河上徹太郎との対談にある通りなんですが、
http://www21.atwiki.jp/o-rod/pages/154.html

たしか、対談の中で「僕も今なら、トルストイの思想なんて書きませんよ、七つの尻尾を書きます」みたいな発言をしていたりします。

(実生活が希薄な)正宗白鳥にとって、実生活こそ手の届かない「理想」であり「思想」と感じたゆえの発言に聞こえました。
Posted by andrew
私は小林秀雄も正宗白鳥も好きです。
私はもう老人で、小林秀雄も正宗白鳥も若い頃読んだだけですが、一言苦言を申し上げます。

小林秀雄の文章だけ読み正宗白鳥の文章を読まなければ、小林秀雄有利と考えるのは当たり前のことです。
私も若い頃はそう考えていました。

正宗白鳥が言っていることは簡単です。
思想より実生活が大事だと言うことです。

この事実は、小林秀雄がいくら思想の重要性を説いても、覆るものではありません。
小林秀雄ともあろうものが、そんな簡単な事を気づかぬわけはありません。

この論争は、小林秀雄の完敗です。
そのことは、十分に小林秀雄は理解しています。
自分の完敗だったと文章化していないだけです。
だから小林秀雄は終生正宗白鳥にこだわり続けたのです。

小林秀雄の文章は何でも正しく、小林秀雄が批判した人の文章は全部間違っていると思っているのですか。

小林秀雄の影響力は強いので、相当努力しないと、小林の引力圏から脱出できません。

小林秀雄を中途半端に理解して、世の中が解ったつもりになってはいけません。
平凡な人は天才より偉大です。
Posted by 関 正一
私は小林秀雄も正宗白鳥も芥川龍之介も好きです。
40年以上前の遠い昔に読んだに過ぎないのですが、
一言苦言を申し上げます。

「残念ながら、私は正宗白鳥側の文章を読んでいない。」
読んでいないで何故正宗白鳥を批判できるのか。
小林秀雄の言うことは全て正しく、正宗白鳥いうことは全て間違っているのか。

「現代とは縁もゆかりもない私小説作家の正宗のみならず」
小林秀雄の絶筆は「正宗白鳥の作について」だったはず。

小林秀雄は芥川龍之介は嫌っていたが、正宗白鳥は尊敬していたし、敬愛もしていた。
「白鳥の精神」をめぐっての小林秀雄と河上徹太郎の対談
(小林)「正宗さんの文章を読んでいると無心になる。なんにも考えなくなる。ああいうのはやはり名文だな。なにが書いてあるなんてのはつまらんな…」
小林秀雄と正宗白鳥の二人の対談もあります。小林秀雄の正宗白鳥に対する敬愛の情が伝わるよい対談と記憶しています。

正宗白鳥の言うことは、小林秀雄やあなたが理解した様な事ではない。
私の知る限り白鳥の言うことは簡単だ。
思想より実生活が大切だということ。
思想などというものは、案外頼りないものだ、ということだ。

この白鳥の考えは白鳥が明治12年生まれで、明治初期から中期の激動期を生きた経験から生まれている。
また、キリスト教への入信と離脱という経験から生まれている。
「廿五年前、トルストイが家出して(中略)表面的事実を、日本の文壇人はそのままに信じて、甘ったれた感動を起こしたりしたのだが」
廿五年前、甘ったれた感動を起こしたりしたのは、正宗白鳥自身であったかもしれないではないか。
トルストイが家出して亡くなる2年前に白鳥は代表作である『何処へ』を書いている。
白鳥が結婚したのは、トルストイが亡くなった翌年です。

「ああ、我らが敬愛するトルストイ翁!」
この言葉は皮肉ではない。白鳥はトルストイの崇拝者であった。
白鳥はトルストイを人間として全う限りの才能があったと評している。
イエスと比べても遥かに優れた人と評している。
私は白鳥は理想主義者であり、日本の社会で理想が理想としては通用しないことを体験した人だと思う。

小林秀雄は明治35年生まれ、明治後期から大正期の安定した社会で自己形成した人です。
小林はランボウとか、ドストエフスキーとか、思想だけを問題にしていれば済んだ人だ。

私はこの論争は正宗白鳥の完勝であり、小林秀雄の完敗であったと思う。
でなければ、小林秀雄が最晩年まで正宗白鳥にこだわっていた理由がわからない。
Posted by 関
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115240826
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。