2011年02月18日

小林俊一監督「新 男はつらいよ」第四作メモ



ここでも山田洋次は脚本で、テレビシリーズ演出や映画の企画にあたった小林俊一が監督。ワイワイガヤガヤのコメディタッチで、やはり山田監督とは、かなり違う演出である。柴又の住人も大活躍。テレビの演出をしていたといわれると、先入観かもしれないが、なるほどそのように見えてしまう。基本時に山田タッチよりもオーバーで分かりやすい演出である。

第三作に続いて、短期間の連続制作のスケジュールのせいか、さくらさんの出番は少ない。倍賞千恵子は結果的に山田監督以外の作品にはあまり出ていないで、山田監督に操を通した形になっている。というと変だけれど。

冒頭の大掛かりなハワイ旅行泥棒ネタは文句なく面白い。この部分の脚本は山田洋次が書いたのだろうか。ちょっと気になる。
繊細に撮るというより、皆で騒ぎ立てる賑やかな演出ぷりだ。おばちゃんのスカート姿が本当に珍しい。

泥棒役で財津一郎が第二作に続いて登場。本当に濃いキャラだ。

寅が再び帰って来て、店の前を行ったり来たりするパターンが登場して、このパターンは何度も繰り返される。というか、シリーズが進むに連れてますます寅はかえってきにくそうになっていくのだ。寅が「久しぶりだ」というとおいちゃんが真顔で「一ヶ月しかたってねぇよ」というのがおかしい。

少しオーバーな小林演出が、それ以降定着したと思えるものもある。寅がマドンナの栗原小巻の顔を見て、ポカーンとして完全に目が逝ってしまって口もロクにきけなくなるところなど、この後何度となく繰りかえされるパターンだ。演出というより渥美清が自分で考えてやったのかしら。山田監督も渥美の表現能力に全幅の信頼を寄せていたらしいので、自由にやらせているところも多いのだろう。ここでは監督ではないけれども。

源ちゃんが寅の顔を見て、プゥーっと笑い、寅も笑い返して結局寅が源ちゃんをしばくおなじみのパターンもこの作品からだろうか。大レギュラーの佐藤蛾次郎のアイディアも勿論色々入っているのだろう。

栗原小巻が本当に綺麗で色気もあってビックリする。歴代マドンナの中でも個人的にはかなり好みでっす。父親との関係での演技もうまいと思う。そして、やはりミニ。どうでもいいけど、どれくらいまでマドンナやさくらさんがミニの時代が続いたんだっけ。

三島雅夫が出ていて、さすがにうまい。志村喬、東野英治郎等、初期の頃からすごい役者が出ていた。そもそも、当然のようになっているが笠智衆が御前様をやり続けただけでも大変な映画なのだ。そして、偉大な笠智衆に大変失礼なのを承知で敢えて言うが、寅の父親の法事のシーンなどみると、小津時代なんかよりはるかにうまくなっていらっしゃるのではないかしら。

栗原小巻が寅の失恋?をを気にすると、おばちゃんが「いえ、いつものことですから」と言い放つのがひどくて笑える。

寅が幼稚園で園児と一緒に遊戯するシーンがはまりすぎ。そう、寅は永遠に子供のこころの持ち主なのだ。

寅が失恋して去るシーンを見送るのは、ここでもおいちゃん夫婦だけ。第三作でも書いたが、このシーンにはどうしてもさくらさんがいて欲しいと痛感する。

本作品で一番笑えるのは、森川信おいちゃんが渥美清寅相手に婦系図を熱弁して二人とも感極まるシーン。本当に偉大な二人のコメディアン、役者である。山田監督もこのシーンだけは、演出の
小林俊一をちょっとだけ嫉妬するのではないかしら。おいちゃんが当事者なので、かわりに観客の私がこれをどうしても言ってあげないといけないと思うのだが、二人とも「ばかだねぇ。ほんとーに、ばかだねぇ」である。



posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ

森崎東監督「男はつらいよ フーテンの寅」第三作メモ



山田洋次は脚本にまわり、監督は森崎東。演出が、コメディ部分でもシリアス部分でもちょっと大袈裟でやりすぎていると感じる。改めてさりげない山田演出を再認識させられる。

寅の帰還では、近所の公衆電話から電話するというネタ。そして、帰って来てもおいちゃんと電話で会話するボケは、森川信おいちゃんだから成立するのだ。渥美清と森川信だけは何をしても許せちゃう。

「寅のアリア」っぽいのは、寅が嫁さんの条件を語るところ。ディテールにこだわる寅独特の妄想力と渥美清の卓越した一人語り能力は、やっぱりすごい。

この時期は、すごい短スパンで次々にシリーズをとっていて、さくらさんはほとんど登場しない。寅が去った後に、やっぱり優しい
言葉をかけているが。その代わりというわけではないが、博が寅をぶんなぐったりしていて若い。後年では考えられない図式で、やはりシリーズ初期を感じさせるところ。

寅は一度飛び出して、マドンナとのエピソードのために戻ってくるいつものパターンではなく、旅行先のロケで終わる。逆に寅に「会う」ためにおいちゃん夫婦が旅館に旅行したりしている。

新珠三千代はものすごくシリアスなタイプの女優なので、歴代マドンナの中でも異色な感じかもしれない。監督の演出もあるのだろうが。

第一作では、寅が博に「女を目で口説く方法」を伝授していたが、ここでは「手を握って口説く方法」を、河原崎建三に伝授している。コタツのシーンはベタすぎておもろい。

寅が、若い二人をとりもつシーンは素直にいいと思う。父親の花澤徳衛に、同業の口上をイキにやるところもいい。

旅先なので、寅が失恋したところをさくらさんが慰めるシーンがない。やはりあれはシリーズでは絶対欠かせないと再確認させられる。
posted by rukert | Comment(0) | TrackBack(0) | 男はつらいよ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。