2011年02月09日

小津安二郎「お早よう」雑記



後期の小津映画については、ほとんど感想を書いたがこれだけ忘れていた。
小津映画は、最初に後期の有名な格調高い名作群から見出して、この「お早う」も期待満点だったのだが初めて見た時には驚きましたよ。
だって、いきなり子供たちが額を押されておならをプゥーとする芸を競うんだもの。佐田啓二がこれを見て笑って言うように「バカだなぁ」である。小津は実は結構庶民的な軽喜劇も初期中期にたくさんとっているけれど、後期小津しか知らなかったんで何だこれと思いましたよ。しかも、力んでもらしてパンツを汚して杉村春子母さんに怒られたりして。さらに、町内会の集金をめぐって近所のオバチャン連中の噂話が続き・・。
という映画で、最後まで本当に軽いコメディで何も起こりはしない。
この映画は、何件かの住宅をセットでつくって撮影されている。だから、構図は狙いがしやすく安定しているし、小津らしい画面を楽しむことは出来る。住宅の間の道から丘を見上げる絵など、小津の得意とするところだ。「東京物語」でも東山が子供と遊ぶ印象的なシーンがあった。
カラーで、小津独特の手づくりの色彩感覚も楽しめる。近所のオバチャン連中の着ている着物もなかなか色彩などよく考えられている。
小津映画の名子役、レギュラーの島津雅彦も相変らず自然体でかわいらしい。「浮草」で、若尾あや子と舞台で踊って、おひねりをあわてて集める姿もかわいかった。また、劇団が解散して、それを察して突然泣き出すという難しい(笑)演技もさせられていたっけ。
品のいい奥様の三宅邦子に、杉村春子、高橋とよ、長岡輝子といった個性派の小津レギュラーが近所のオバチャンでからむ。長岡は、ここでも他の映画の家政婦役でも、なぜか必ず「冨沢さん」だ。
杉村の母親役の三好栄子がすごい迫力だ。押し売りの殿山泰司をおどしたりしている。
泉京子と大泉滉が、外部からの異質な闖入者の役割。大泉はすっかりオバタリアン妻の恐妻家になってしまうが、この頃は成瀬の「めし」にも出たりしていた。
コメディとしてもとくにどうということはない。改めて観ると子供が給食費の徴集をパントマイムでやり、久我美子がトンチンカンな反応をするのが面白いか。あと、学校の低学年の教室でしりとりをして、「つ」なのに、子供が「月光仮面」とか「赤胴鈴の助」とか、全然関係ないことを言って女教師が困惑するところがとぼけていて笑えるか。
そして、ラストは最後までパンツを汚し続ける子供を杉村がしかりつけ、そのパンツを洗濯して青空のもとに干す堂々たるシーンで映画は終わる。
わりと小津も後期はきどった映画が多かったので、こういうのもつくりたくなったのだろうか。


posted by rukert | Comment(3) | TrackBack(0) | 映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。